トーンモバイルがLTE対応スマホ、全サービスのメジャーアップデートも

2015.11.18 19:5配信
TONE(m15)

トーンモバイルは11月17日、スマートフォンサービス「TONE」の、2015年秋モデルのスマートフォンとして、LTE対応の「TONE(m15)」を、二子玉川蔦屋家電とオンラインショップで先行発売した。11月18日には代官山蔦屋書店で、11月19日からは全国のTSUTAYA 11店舗と、直営3店舗で発売する。税別価格は2万9800円。また、「世界一安心・安全なスマートフォンサービスの提供を目指す」をスローガンに、全サービスのメジャーアップデートを行った。

「TONE(m15)」は、クアッドバンドLTEに対応した。IP電話では「LTE優先モード」を搭載。これまでWi-Fiアクセスポイントによって品質か変化することが多かったため、Wi-Fi用中にもIP電話だけはLTE回線を利用することで、安定した通話が可能になった。なお、IP電話によるLTE利用にはパケット利用料は発生しない。歩数や消費カロリーなどを記録可能なライフログ機能や、内蔵カメラのフラッシュに指を当てて心拍数が測れる機能も搭載する。

化粧箱にNFCを搭載しており、電源をオンにしたままの本体を置くと、不具合を自動的に検知・修復する「置くだけサポート」機能を搭載。問題が解決しない場合は、そのままサポートセンターに電話をかけて、オペレーターに相談できる。

このほか、NFC(近距離無線通信)を利用したさまざまな動作が可能な「CATCH」機能、アウトカメラとインカメラで同時に撮影できる「P.I.P」機能など、多彩な機能を備える。容量無制限のパケット使い放題に通話基本料を加えて、税別の月額料金は1000円。

CPUにクアッドコアのMediaTek MT6735を採用し、5.5インチ液晶ディスプレイ(解像度720×1280)、2GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。インターフェースは、Micro USB×1、1300万画素/500万画素のカメラ、最大32GBのメディアに対応したmicroSDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはAndroid 5.1。LTEの連続待受は100時間以上。サイズは幅74.5×高さ147.9×奥行き8.6mmで、重さは165g。

「TONE(m15)」の発売にあわせて実施したサービスのメジャーアップデートは、家族、セキュリティ、健康管理、サポート、価格、スペックの面で安心品質を提供することを目的としており、全機種を対象に遠隔でアラーム音を鳴らして端末を探せる機能や、あらかじめ登録した場所にスマートフォンを持って立ち入ろうとすると保護者に自動で通知するジオフェンスの提供を行う。

さらに、家族のPC上のブラウザから端末を操作することで、問題の解決を可能にする「家族サポート」を「m14」などの機種に提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング