五郎丸選手、流行語大賞ノミネートに 「『ジャパン・ウェイ』がきてほしかった」

2015.11.19 21:43配信
「GQ Men of the Year 2015」を受賞した五郎丸歩選手

 2015年最も輝いた男たちに贈られる「GQ Men of the Year 2015」授賞記者会見が19日、東京都内で行われ、受賞者の五郎丸歩選手、鈴木亮平、葉加瀬太郎、又吉直樹(ピース)、松岡修造氏、吉田鋼太郎、「Discovery of the Year」に選ばれたBABYMETALが出席した。

 五郎丸選手は「この賞は私個人というより日本ラグビー界の代表として受け取ったと認識してここに立っています」と真摯(しんし)に語り、「4月から170日近く代表選手と合宿して結果を残し、日本の多くの皆さんに注目もしてもらった1年でした」と振り返った。

 松岡氏は「正直、この賞を僕がもらったこと自体が本当にGQ、グレートクエスチョンです。間違いなく、錦織圭選手のおかげ」と笑わせ、隣に立つ五郎丸選手に「一度大きな自信をつかんだ日本チームがその自信を持っているときにどれだけ頑張れるか。この自信をどう使っていきますか?」とインタビューを始めた。

 これに五郎丸選手は臆することなく「自信は持てましたが、決して過信せず、ゼロからのスタートと捉えています」と答え、さらに「結果を残して、自信を持てたら何が変わりましたか?」との質問には「日本人の誇りを持って世界を舞台に戦う中で結果を残して、そのあとにプライドをもっともっと持てるようになりました」とうなずいた。

 会見後、あらためて報道陣の前に立った五郎丸選手は「ラグビーという競技を知ってもらう機会を得たことを選手の1人としてうれしく思っています」と喜んだ。1年を通して輝いた瞬間には「僕だけじゃないですが、日本代表が南アフリカに勝ったとき、国内だけではなく世界のスポーツ界に新たな風を吹かせられたかなと思います」と語った。

 また、「2015 ユーキャン新語・流行語大賞」に「五郎丸ポーズ」がノミネートされたことには「違和感を覚えますね。『ジャパン・ウェイ』というタイトルがきてほしかった。日本代表は『ジャパン・ウェイ』を掲げて4年間やってきたので、それが流行語に入ってほしかったです」と悔しがっていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング