『LENNON レノン』を小倉智昭らが絶賛!

2015.11.20 12:45配信
『LENNON レノン』 『LENNON レノン』

12月8日(火)より東京・EX THEATER ROPPONGIで上演されるザ・ビートルズのメンバー、ジョン・レノンの人生を描いた『LENNON レノン』。同公演の上演に先がけて、ザ・ビートルズを愛する著名人よりメッセージが寄せられた。メッセージは以下。

【チケット情報はこちら】

「12月8日(火)、ジョン・レノンの35回目の命日に、初日の幕が開く。ビートルズ初期のラブ・ソングを除くと、ジョンの歌は彼自身の感情や経験に基づいて創られている。そして人はそこに強く共感し、自分の心とジョンの作品が対話することで、深い理解と感動を得てきた。出演者はたったふたり。ミュージカルとは違う。この日本で、六本木で、こんな風にジョンと会えると思うと私は期待で胸が苦しくなる」(湯川れい子(音楽評論家・作詞家)

「ジョン・レノンが死んでから35年が経ち、伝説になっているものの、ひとりの人間としての彼の存在は意外に知られていない気がします。数々の名曲と共に、本人の言葉とあの独特のアクセントでその人となりを感じさせるこのショウはかなり期待できそうです」(ピーター・バラカン)

「12月の『レノン』はジョンの人生を振り返るには格好の舞台。ジョン・ウォーターズがピアノをバックに、ジョンの一生を彼の歌と共に振り返る。ポールとの確執、ヨーコとの出会い、中傷、解散等々、よくできたステージだ」(小倉智昭)

本作は、ポール・マッカートニーとのライバル競争や世間のヨーコへの反感、ザ・ビートルズの解散、息子ショーンの誕生など、ジョン・レノンの一生をギター&ボーカルとピアノの弾き語りで表現。出演者は、ギターとボーカルを担当するジョン・ウォーターズと、ピアノを担当するステュワート・ディアリエッタのふたりのみ。『ヘルプ!』『ノルウェイの森』『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』『ワーキング・クラス・ヒーロー』『ウーマン』『ジェラス・ガイ』ほか30曲以上のザ・ビートルズ、ジョン・レノンの楽曲が披露される。

チケットは発売中。

■『LENNON レノン』
12月8日(火)~12月13日(日)
会場:EX THEATER ROPPONGI (東京都)
出演:ジョン・ウォーターズ / ステュワート・ディアリエッタ
料金:全席指定7,500円(税込)
※未就学児童は入場不可。英語上演、字幕付。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング