新生『TRUMP』がここに。深い絶望の果てに続く円環の物語

2015.11.20 20:10配信
舞台『TRUMP』TRUTHバージョン (c)下坂敦俊 舞台『TRUMP』TRUTHバージョン (c)下坂敦俊

この指先は、星に届くのか──果たして、届くことは禁忌なのか。

舞台『TRUMP』チケット情報

永遠の命を持つ原初の吸血種《TRUE OF VAMP》=TRUMPを巡る物語は、大阪の小劇場で2009年に誕生。作・演出と今回、出演も果たす末満健一の代表作で、対となる役を入れ替えての「TRUTH」と「REVERSE」、さらに役をシャッフルした「MARBLE」とで上演される。

この人気作に挑むのは、同じ19歳の高杉真宙と早乙女友貴。ヴァンプと人の間に生まれ忌み嫌われるソフィとヴァンプの高貴な家に生まれ敬われるウル、といった両役を演じる。

語られるのは、思春期にあたる「繭期」を迎えた若きヴァンプが集うギムナジウム「クラン」での時間。異端だが優秀なソフィ。なぜか彼にこだわるウルは「TRUMP」の不死伝説に囚われる──そして季節外れの転校生、臥萬里が訪れて……兄、ラファエロの葛藤、対抗心を燃やすアンジェリコの野望、不安定でままならない心を抱える少年たちが辿るのは、血の悲劇か。

いびつさが美しい、欠けていることが美しい、その危うさを彩る、音楽、美術、衣裳、すべてが美しい。けれど、なによりも美しいのは、その真ん中に立つ、ヴァンプたち。

この日は「TRUTH」版が上演され、高杉が気高く孤高なソフィを、早乙女が壊れゆく激しいウルを、奔放で儚いアレンを武田航平が、執着するティーチャークラウスを陳内将が熱演、観る者を異界へと招く。

囲み取材には高杉真宙、早乙女友貴、武田航平、陳内将、平田裕一郎、末満健一が登壇。

末満「自分と深く関わる役を互いに演じることで、より役が共鳴し際立ちます。特に今回は19歳のふたりが一層ひりひりとした演技合戦を見せていて、さらに吉田メタルさんや岡田達也さんといった方々が脇を固め、異種格闘技のようなおもしろさもあります」
武田「アレンの無垢さを出すために、こう観られたい、といった思いがかえって邪魔で削ぎ落とすことに苦労しました。前作にリスペクトを捧げつつ、新たに創りあげたい」
陣内「僕は3年前のDステ版『TRUMP』にも出演していますが、それを超える作品にします」
平田「臥萬里として、なぜ訪れたのか、隠された意思が伝わるよう演じたい」
早乙女「楽しいです。高杉くんともっと深く関わって、いい作品にしたい。全員で最後まで走り抜きます」
高杉「友貴くんはすごくカッコよくて、負けたくない存在でもあります。一緒に新しい『TRUMP』を作りあげて、もっともっと舞台で生きたいです」

彼らが紡ぐ、新生『TRUMP』は11月29日(日)まで東京はZeppブルーシアター六本木にて、大阪は12月4日(金)から6日(日)までサンケイホールプリーゼにて上演。

取材・文/おーちようこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング