キスマイ玉森裕太、関西弁で映画をアピール 「劇場でキュンキュンしてな」

2015.11.21 15:2配信
『レインツリーの国』初日舞台あいさつに出席した西内まりや

 映画『レインツリーの国』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者でKis-My-Ft2の玉森裕太、西内まりや、森カンナ、大杉漣、高畑淳子、三宅喜重監督が登場した。

 本作は、有川浩氏の小説を原作とした恋愛映画。主人公の向坂伸行(玉森)が、高校時代に好きだった本をインターネットで検索したことから、「レインツリーの国」というブログの管理人の人見利香(西内)と出会い、引かれていく。

 西内とは本作が初共演の玉森。西内の印象を聞かれると、考え込みながら「明るい、元気」と答えたものの、西内から「終わりですか?」と突っ込まれる結果に。玉森は、苦笑いしながらも慌てて「撮影中もイメージと変わらず、常に元気で力をもらいました」とフォローし、会場の笑いを誘った。

 またこの日は、本作の主題歌「最後もやっぱり君」を歌うKis-My-Ft2のメンバーから玉森へのサプライズメッセージ映像も届いた。

 映像では、北山宏光の「初主演映画、公開おめでとうございます。メンバーの映画を見るって不思議な感じで、緊張しちゃって『たまもり~』って感じだった」、藤ヶ谷太輔の「男らしくなって、グループのメンバーとして見ても、高みを目指している感じ(がある)」など、玉森を思うメッセージが相次いだ。

 玉森は「危なかった、ウルッときた」と感動した様子で、「一人の仕事って緊張することもたくさんあったりもしますけど、メンバーのもとに帰ってきた時の安心感がたくさんあるから、一人の時も頑張れる」とメンバーへの思いを語った。

 さらに、映像では藤ヶ谷から「これを見終わった後に、関西弁でキュンキュンすることをいってくれるんじゃないかな」というムチャぶりがあったことから、玉森は「関西弁はほぼ忘れている。クレームはなしで」と言いながら、「今日、公開初日やで。こっからたくさんの方に見てもらいたいと思うから、ぜひ劇場でキュンキュンしてな」とたどたどしい関西弁であいさつし、「もう勘弁してください」と顔を赤らめた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング