綾野剛「19歳の役は非常に無理があった」 『新宿スワン』などで最優秀男優賞を受賞

2015.11.21 21:33配信
最優秀男優賞を受賞した綾野剛

 「第7回TAMA映画賞」の授賞式が21日、東京都内で行われ、最優秀男優賞を受賞した綾野剛と永瀬正敏、最優秀新進男優賞を受賞した野村周平と中島歩ほかが登壇した。

 本賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる“いきのいい”作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝を込めて表彰するもの。

 『新宿スワン』『ピース オブ ケイク』『天空の蜂』など、今年は出演作が5本公開された綾野は、受賞を喜ぶとともに「非常に大変でした。自分の成長ももちろんですが、あらためて役と向き合うのはこれほど大変なのかと思わされた日々だった」と1年を振り返った。

 主演作『新宿スワン』では新人スカウトマンを熱演。原作は「19歳という設定なので、非常に無理があった」と苦笑いの綾野は「まず若く見せるということで、髪形を変えたり若太りするようにと、目で見える表層的な部分から作っていきました」と役作りを回想した。

 また「映画とドラマの違いは?」という質問には「持論でありますが、映画はお金を払っていただき、アカの他人と約2時間、一つの箱で時間を共有するという付加価値がある。隣で笑っている人に対して“ここで笑うの?”とか思うこともあるけど、全部ひっくるめて映画館の良さだと思う」と答えた。

 今後の予定については「決まっている作品は必ず完走する。いつ死ぬか分からないので死なないように気を付けて…」と冗談めかしつつ、「闘い抜くことも大事ですが、役を生きて、役を呼吸して皆さんにきちんとお届けするという心構えを持ってやっていきたい」と“綾野節”で語った。

 また、『愛を積むひと』『日々ロック』『ビリギャル』などでの演技が認められ、最優秀新進男優賞を受賞した野村は「本当に光栄です」と感激の面持ちであいさつ。「昔から賞を頂くのが夢だったので、次は(最優秀主演男優賞の)綾野さんや永瀬さんの席に座れるように頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

 また、最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すずとは来年公開の『ちはやふる』で共演。広瀬に一言求められた野村は「すずちゃん、現場ではいつも華やかでいてくれてありがとう。今日は一段ときれいだね」とコメントして会場の笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング