かわいい人の外見的な特徴

男性は女性の外見のどこを見て、「かわいい人だな」と判断しているのかご存知ですか。

顔の造作が整っていれば、確かにかわいい人に見えるでしょう。

でも、大事なのは全体です。総合的にかわいい人に見えれば勝ち!

1.肌がきれい

「トータルでかわいい人」見せをしたいなら、まず大事なのは面積が大きい“肌”。

肌が整っていると、かわいい人に見える確率はぐっと上がります。

保湿をしっかりして潤いあふれる肌になれば、ベースメイクが薄めでも美肌に見せることができます。

2.髪の毛がつるん、さらっとしている

ヘアスタイルは顔の額縁と言われるほど、見た目の洗練度を左右する重要な要素。

髪の毛がつるんとしていて、さらっとツヤ感があるだけで、かわいい人に見える度が格段にUPします。

パサパサしている気がするなら、ヘアオイルを使うのを習慣付けて。

3.爪先まできれい

かわいい人は細部にも手を抜きません。

もしネイルをするなら爪の先が剥げている……というのはNG。ネイルをしないなら爪を磨いてツヤツヤにしておくなど、手をかけている様が「かわいい人」につながります。

4.自分に合うメイクをしている

かわいい人はメイクが上手いというより、自分をよく見せるメイク方法を知っていて、実践しています。

自分のチャームポイントを活かす賢さがあるともいえます。メイクにも知性が宿ります。

「自分をきれいに見せるメイク」を研究して。

5.自分に合う服を着ている

4と同様で、かわいい人はかわいく見える術を知っています。とくに遠くから見ると、ぱっと印象に残るのは服ですよね。

だからこそ、自分を知った上でおしゃれアイテムを選ぶことは重要で、自分に合う服を着ることが欠かせないわけです。

かわいい人は自分を素敵に見せる装いが上手いといえます。



「かわいい人」は作れます。

どうしても、自分ではもともとの顔の作りなどに目がいってしまいがちですが、男性は見ている部分は単純にその部分だけではないのです。

内面・外見を併せたトータルで、かわいい人を目指したいものですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます