【ディズニー映画】原作出版から150年! 映画『ふしぎの国のアリス』をもっと楽しめる5つのトリビア

2015.11.26 6:30

多くの人々に愛されているディズニー映画『ふしぎの国のアリス』。原作となったルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の出版から、2015年で150年。今回は映画をもっと楽しめる5つのトリビアをご紹介します。

1951年7月に公開された映画『ふしぎの国のアリス』主人公のアリスを始め、白うさぎやハートの女王、チェシャ猫など、作品に登場するキャラクターたちは、多くの人に愛されています。

実はこの映画の原作となった、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』が出版されたのは、1865年11月26日のことでした。

今年2015年は、原作の出版からちょうど150年にあたるのです。

今回はそんな原作出版から150年を迎える『ふしぎの国のアリス』について、5つのトリビアをご紹介します。

 

1. ディズニーのアリスは、2つの原作のミックス

ディズニー映画では『ふしぎの国のアリス』というタイトルになっていますが、実はこの映画はルイス・キャロルが書いた『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』の2つの原作をミックスしています。

例えば、双子の兄弟であるディーとダムは、『不思議の国のアリス』ではなく『鏡の国のアリス』に登場します。

ディーとダムは、もともとイギリスの童謡である「マザー・グース」の一つ「トゥイードルダムとトゥイードルディー」から作られたキャラクターです。

このほかにも、『ふしぎの国のアリス』に登場するハートの女王は、『不思議の国のアリス』のハートの女王と『鏡の国のアリス』の赤の女王を合わせたようなキャラクターになっています。

ちなみに、道を消してしまう「ほうき犬」は、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』どちらの原作にも登場しない、ディズニーオリジナルのキャラクターです。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント