千葉涼平がノンバーバルで演じる“負け犬”とは!?

2015.11.24 19:5配信
千葉涼平  撮影:石阪大輔 千葉涼平  撮影:石阪大輔

宮本亜門の構成・演出、国際的ダンスアーティスト集団WRECKING CREW ORCHESTRAのYOKOIの振付・演出による新しいダンス・エンタテインメントが誕生する。その名も『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』。テクノロジーが進化し、豊かな自然が戻りつつある一方、人々の貧富の差が広がっている20XX年、社会からつまはじきにされた「負け犬」たちが、宇宙人の襲来に対して立ち上がるという、近未来SFアクションだ。

『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』チケット情報

「ノンバーバルで、すべてダンスとアクションでストーリーを展開していきます」と教えてくれたのは、ボーカルダンスユニットw-inds.のリーダーで、今回、主役を演じる千葉涼平。「僕が演じるのは、妻を亡くして酒に溺れている工場主のダメ親父を見ながら、大好きなダンスで今の環境を抜け出したいと思っている青年。葛藤したり悩んだりしながら、周りの人達の支えで成長していく。そんな中、宇宙人が侵略してくるんです。亜門さんの演出に、WRECKING CREW ORCHESTRAの代名詞であるELワイヤーのダンスなどが加わってどうなるのか、僕らも楽しみです」。

共演者は、古屋敬多、SAWADA、DOMINIQUE、TATSUO、仲宗根梨乃、矢野祐子、KREVAなど錚々たる顔ぶれだ。「超一流の方々が個性的なキャラクターを演じられるので面白いですよ。そんな中、僕が演じるのは真面目で真っ直ぐ役柄だから、逆に難しい。最初、リアルに演じていたところ、亜門さんから場面によってもうちょっとオーバーに、あるいはコミカルに演じるよう、指示をいただいたのも新鮮でした」。

宇宙人の襲来という設定は一見突飛だが、大きな出来事を人がどう受け止め、行動するかは普遍的なテーマと言えるだろう。「青年にはすごく共感できます。僕自身ずっとブレイク・ダンスにのめり込んでいて、良くも悪くも一つのことしか見えないし不器用。古屋は僕とは逆のタイプで、今回の役も天才肌なので、そこはハマっているなあ、と」。

ブレイク・ダンスを「自分には、なくてはならないもの」と言う千葉。「初めて韓国に行った時、有名なダンスチームのスタジオをアポなしで訪ねたら『一緒に練習しようよ』みたいな感じになって。先日、2013年に台風の被害に遭ったフィリピンを訪問した時も、子供達に歌や踊りを見せたら、一緒に歌ったり、踊りを真似してきたりしたんです。ダンスがすごいのは言葉が要らないこと。今回の舞台にも同じことが言えますよね」と目を輝かせた。

デビュー15周年を来年に控え、多忙を極める中、今年初めには「一つひとつをきちんとできないならやめたい」と思ったことも。どうにか乗り切り、「仲間の有難さを改めて感じました」。「自分らしく、瞬間瞬間を楽しんで成長していきたい」と抱負を語るその姿は、主人公の青年と重なって見えた。

12月5日(土)より東京・新国立劇場 中劇場、1月7日(木)より大阪・シアターBRAVA!にて上演。

取材・文:高橋彩子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング