市川海老蔵「目を細めます、親ばかですから」 勸玄くんのお目見え終わり安ど

2015.11.26 16:2配信
制作発表に出席した市川海老蔵

 市川海老蔵「GRAND JAPAN THEATER」制作発表が26日、東京都内で行われ、歌舞伎俳優の市川海老蔵が出席した。

 来年2月から東京・Bunkamuraオーチャードホールを皮切りにNHK大阪ホール、ドバイ、ニューヨークで行われるこの公演は、歌舞伎舞踊「春興鏡獅子」のほか狂言「三番三」、能「土蜘蛛」を同時に上演する。

 また、2月12日と13日には日本とフジャイラ・UAEとの文化交流としてフジャイラ首長国(アラブ首長国連邦)での歌舞伎公演「Japan Theater Festival 2016」も決定。海老蔵は「王室の方からのご期待とご招待されたということもあって、文化交流事業のひとつとして務めさせていただきます。1回に終わらず、できれば中長期的に向こうの方と日本の方が文化交流できるようにと思っています」と期待を寄せた。

 きのう25日に歌舞伎座の11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」の千秋楽を迎えたばかりの海老蔵は、同公演でお目見えとなった長男・勸玄(かんげん)くんについて「ほっとした!」と安どの笑顔を見せた。「初日の1週間前に彼がやると言いだした。小さいぐずりもあって、千秋楽に『今日は行かない』と泣きだした時はゾッとしました」と明かして笑わせ、25日間を乗り切った勸玄くんには「目を細めます。親ばかですからね。私も修行中の身で、彼も大変な修行が待っている。うれしいですが、大変な道に入ったなと思います」としみじみ語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング