ファーウェイ、フラッグシップSIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」を日本投入

2015.11.27 16:57配信
9月にドイツで発表されたばかりのファーウェイのフラッグシップスマホ「HUAWEI Mate S」

ファーウェイ・ジャパンは11月26日、SIMフリースマートフォン(スマホ)のフラッグシップモデル「HUAWEI Mate S」を12月4日に発売すると発表した。税別実勢価格は7万9800円。ファーウェイ公式オンラインストア「V モール」楽天市場店のほか、全国の家電量販店、ECサイトなどで販売する。

「HUAWEI Mate S」は9月にドイツ・ベルリンで開催された家電見本市「IFA 2015」で発表したばかりの最新モデル。画面は5.5インチのフルHDのAMOLEDディスプレイで表面ガラスにはラウンドエッジ加工が施されたコーニングの第4世代Gorillaガラスを採用した。ボディは削り出しの「フルメタルシェル」。自然に手にフィットするアーク形状で、最薄部が2.65mm、最厚部でも7.2mmと薄い。カラーは「ミスティークシャンパン」「チタニウムグレー」「ローズゴールド」の3色。

CPUは最新のHisilicon製オクタコア「Kirin 935」。4基の高速コアと4基の省電力コアで構成し、高いパフォーマンスを発揮しながら発熱が少ない。RAMが3GB、ストレージが32GB。OSはAndroid 5.1。対応バンドはNTTドコモとソフトバンクの主要バンドに対応する。そのほか、約10分の充電時間で最大約2時間の通話可能な急速充電にも対応した。

リアカメラは、1300万画素・RGBWの4色センサーを搭載し、光学手ぶれ補正付きのF2.0と明るいレンズを採用。フロントカメラは800万画素で自撮りの際にソフトに写る「ソフトライトLED」も備えた。露出やカラーバランスなどを手動設定できる「プロモード」を搭載、自由な写真表現が可能になる。背面の指紋認証センサーを長押ししてシャッターを切ることもできる。

背面に指紋認証センサーを搭載。「Fingerprint Sense 2.0」により、約0.5秒で認証が完了するほか、小型のタッチパッドとしても機能する。また、画面をノックして操作できる「ナックルセンス・テクノロジー」も搭載。動画のキャプチャ指示やアプリケーションの立ち上げなどで利用できるのも特徴。

製品発表会でファーウェイ・ジャパンの呉波 デバイス・プレジデントは「グローバル市場ではファーウェイ製品の3分の1がハイエンドモデルになった。チップセット、バッテリー、アフターサービスを強みとして日本でもSIMフリー市場をけん引している。今後もブランディング、製品ラインアップ、パートナーとの関係強化、サービス向上などを中心に、日本市場への投資を強化する」と語った。

またゲストとして登壇した楽天の大尾嘉宏人 執行役員 楽天モバイル事業長は「楽天モバイルで、ダブルレンズを搭載したハイスペックモデル、honor6 Plusを販売したところ、もっと最新で最上級のモデルが欲しいとの声をお客様からいただいた。そこへ、ファーウェイ様からHUAWEI Mate Sのご提案をいただき、採用を決めた。発売記念キャンペーンとして、楽天モバイルSIMとの併用を条件に1月15日までの期間・台数限定で1万5000円値引きして税別64800円で販売する」と話した。

ゲストタレントとして招かれた道端アンジェリカさんは、しばらく「HUAWEI Mate S」を使った感想として、「スタイリッシュで格好よく持ちやすい。いろんなファッションに合うおしゃれな端末。後ろを指で触るだけでONになったり、シャッターが切れたりするのでめちゃめちゃ便利。写真は、肌がきれいにかわいく写り、スマホでとったとは思えないほどの仕上がり。すごい最先端だなと思った」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング