“海賊”岡田准一、綾瀬はるかと夫婦役 「『永遠の0』の感動を超えられるように」

2015.11.28 19:1配信
岡田准一と夫婦役を演じる綾瀬はるか

 映画『海賊とよばれた男』の製作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、小林薫、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、山崎貴監督が登壇した。

 百田尚樹氏原作の本作は、国岡商店の創業者で、国内外からの圧力に屈することなく、石油事業を通じて日本人の誇りを追求し、“海賊”と恐れられた国岡鐡造(岡田)と、彼を支える店員たち、そして最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマ。

 岡田は、百田作品『永遠の0』でも山崎監督とタッグを組んだ。山崎監督の『寄生獣』では染谷、『ALWAYS 三丁目の夕日』では吉岡が主演したこともあり、山崎監督が「“山崎組アベンジャーズ”みたいな…」と笑えば、岡田も「『永遠の0』がライバル。『0』を超える感動を届けられるように頑張っている最中です」と力強く語った。

 これを受けて、国岡商店の店員を演じる吉岡は「“三丁目”から駆け付けました。なんとか夕日町から援護できるように頑張ります。(役の)人柄の良さがはつらつと表現できたら」とあいさつした。

 同じく店員役の染谷も「毎日エネルギッシュで、いるだけで活力をいただける現場」といい、『よく目が死んでいる』と言われるけど、今回はめちゃめちゃイキイキと演じているので、自分も完成が楽しみです」とアピール。また『寄生獣』の現場と比べ「今回は血も飛ばないし、右手も普通です」と語り、笑いを誘った。

 一方、鐵造の最初の妻ユキ役の綾瀬は「短い間ですが、鐡造さんを影ながら支えていく心優しい妻の役どころです」と自己紹介し、「監督と皆さんが本当に仲がいい。男気あふれるいい作品になると確信しました」と現場の様子についてコメント。山崎監督も「男ばかりなので、綾瀬さんが来た時のはしゃぎ具合がすごくて…みんな浮かれポンチになる」と綾瀬のモテっぷりを明かした。

 岡田は「今日ここに来られない方も素晴らしい方ばかりで毎日楽しく、チームワーク良く撮影ができている。監督にも『台本を超えるお芝居ができている』と言っていただいている」と自信をのぞかせた。

 福岡の言葉については「野間口さんが、九州の方なのでちょこちょこ教えていただきながらやっています。『そこちょっと違うんですよね~』と注意されます。普段から使うようにしています」と明かした。

 映画は2016年冬 全国東宝系でロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング