五郎丸歩「どうぞ、好きにしてください」 “五郎丸ポーズ”でのブロンズ像化に苦笑い

2015.11.30 14:22配信
五郎丸歩選手、自身のブロンズ像と2ショット

 光の祝典「東京ミチテラス2015」の一環として、活躍中のスポーツ選手、芸能人や歴史上の人物をモチーフにしたブロンズ像をベンチに設置する「Lighting Bench Art」の除幕式が30日、東京都内で行われ、モチーフの一人であるラグビー日本代表の五郎丸歩選手が出席した。

 自らの手で除幕したブロンズ像をまじまじとのぞき込んだ五郎丸選手は「何とも言えないですけど、等身大でしょうか。ありがたいですね」と感想を語り、「オフィス街だけど東京駅も近いので、日本国内の方だけでなく海外の方にもたくさん写真を撮ってもらえるとうれしい」とアピールした。

 五郎丸選手のほか、フィギュアスケートの羽生結弦選手、高田純次、テリー伊藤、徳川家康、夏目漱石といった合計11人の著名人がベンチアートとなっており、中でも気になるものを問われると「家康さん。福岡生まれで大学は東京ですが、社会人として8年間静岡にいて、『ゆるキャラグランプリ』で家康くんがグランプリを取りましたからね」と笑わせた。

 “五郎丸ポーズ”を再現したブロンズ像は「指がすごく忠実に再現されていると思います。普通に立っているものだと誰だか分からないと思いますし」と喜び、自身の“ブロンズ像化”には「夢のような世界。ほかのラグビー日本代表選手も全員の像ができてほしいと思いましたが、代表として作っていただいて。抱きついてもいいか? どうぞ、好きにしてください」と語り、苦笑いを浮かべた。

 「Lighting Bench Art」は12月1日~27日まで都内、大手町・丸の内・有楽町エリアの各所に設置され、毎日午後5時からはライトアップされる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング