「あんまりお近づきになりたくないタイプだな」と思っている男性に限ってアプローチしてくるのはなぜだろう……と、困惑することはありませんか?

まさか、人前で「あなたのことは好きになれそうにない」「迷惑だから話しかけないで」などと言い放つような真似はできませんよね。

かと言って曖昧な態度で接していると、相手が「もしや脈あり!?」と期待をふくらませて勘違いクンになってしまうことも。

この世界のすべての恋が両思いだったら、こんな苦労はないのですが……。

そこで今回は、好みとは全く違う男性から恋愛対象にされている場合に、マークを外してもらうための言い方をいくつか考えてみました。

「他の女性にも言ってるの?」

何か言われたら、冗談っぽくこんなセリフを放ってみるのはどうでしょうか。

「え~、そういうこと、他の女性にも言ってるの?」

ポイントは、「他の女性」というキーワードを言うことです。会話に他の人を登場させることで、二人きりにもちこませないぞ、という意思を表すのです。

それ以上は絡みづらい雰囲気を出せるかもしれません。

「この前も聞いたよ」

誰しも、話題選びや語彙力には限界があります。似たようなことを似たような言い方で、繰り返し話しているものではないでしょうか。

好きな人が話してくれるなら、中身が同じだろうと何度でも大歓迎なのに、好意を感じない相手から同じことをされるのは恐ろしく退屈なもの。

そんな時は、「その話は前にも聞いたよ」「この前も言ってたじゃん」と、ズバリ!指摘してしまいましょう。

指摘や批判は、「俺のこと、あんまり好きじゃないのかもな……」と分からせる方法の一つです。

「〇〇さんって素敵だよね」(他の男性をほめる)

その人のことは決してほめずに、違う男性を「素敵だよね」「かっこいいよね」などとほめる。そんな作戦も決行してみては。

女性が他の男性をほめると、「あ、そいつに気があるのかな」と思って、スーッと引いてしまう人が結構多いのです。

しかも、本当に好意を寄せているのか、たいして事実確認もせずにあきらめる男性も珍しくないです。

最近の男性は、良くも悪くも競争意識がひかえめ。誰かと争ってまで彼女が欲しいと望む気持ちは、あまり起こさないようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます