吉田山田らが観客を魅了!OTODAMA 空フェス

2015.12.1 10:00配信
吉田山田 吉田山田

海の家ライブハウスでお馴染みの「音霊 OTODAMA」による野外音楽フェス“OTODAMA 空フェス 2015~冬、空に一番近い祭~”が11月12日から12月13日(日)まで東京・H.L.N.A SKYGARDEN 野外ステージ(ダイバーシティ東京)で開催。初日の11月12日は3組のアーティストが登場し、お台場から臨む都心の夜景をバックに温かいステージを繰り広げた。

【チケット情報はこちら】

本フェスは、“空に一番近いフェス”をコンセプトにお台場ダイバーシティ東京プラザの屋上にある「H.L.N.A SKYGARDEN」で開催される、通称“空フェス”。「音霊 OTODAMA」が10周年を迎えた昨年秋に初開催され、今年春に続き、これが3度目の開催となる。

“冬だ!祭だ!空FESだ!”と題して行われた初日のトップバッターは、来年2月にデビュー5周年を迎えるシンガーソングライターのダイスケ。軽快なトークも交え、会場を盛り上げた。

続く2番手には、アコースティックデュオの吉田山田が全国ツアーの合間を縫って登場。12月16日(水)にリリースする両A面シングルからのバラードナンバー『Today,Tonight』をいち早く披露し、美しいハーモニーで観客を魅了した。NHK『みんなのうた』に起用され、泣けると話題を呼んだヒット曲『日々』では心のこもった温もりある歌声を披露し、会場に感動を呼び込んだ。

初日のトリを務めたのは、今年メジャーデビュー10周年を迎えたギターインストゥルメンタルユニットのDEPAPEPE。12月2日(水)にリリースするオールタイムベスト『INDIGO BLUE/COBALT GREEN』に収録されている『FLOW』や『Kiss』などを、息の合った見事な演奏で聴かせた。ステージ奥に広がるレインボーブリッジの夜景にマッチしたアコースティックギターの小気味良い音色に観客は酔いしれていた。

空フェスは、12月13日(日)まで開催。12月4日(金)はK、米倉利紀らが出演する。主宰者である元キマグレンのクレイ勇輝は最終日の12月13日(日)に平井 大らとともに登場する。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング