全国の家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計している「BCNランキング」によると、2019年5月の液晶テレビと有機ELテレビ合わせた、薄型テレビ市場において、4K/8K対応の販売台数比率が52.1%と初めて過半数に達し、過去最高を記録した。19年5月のメーカーごとの4K/8K対応の販売台数比率は以下の通りである。

シャープ 48.0%

パナソニック 60.8%

ソニー 74.4%

東芝 45.7%

Hisense 34.5%

(販売台数シェア順)

薄型テレビのメーカーシェアではシャープが引き続き1位をキープしているものの、大画面の製品が多いソニーは4K/8K対応の比率が上位5社の中で最も高かった。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます