日本マイクロソフト、「Windows GAME DAY」を開催、もっとゲームを楽しむ

2015.12.1 18:5配信
ユーザー体験イベント「Windows GAME DAY」を開催

日本マイクロソフトは、11月27日、28日の2日間、秋葉原UDXでWindows 10対応の最新ゲームタイトルを試遊できるユーザー体験イベント「Windows GAME DAY」を開催した。

イベント開催に先駆け、11月27日にはプレス向け説明会を開催し、イベントの概要を説明した。日本マイクロソフト 執行役 コンシューマー&パートナーグループの高橋美波マネージャーは、「『Windwos 10でPCゲームを楽しむ』を合言葉に市場を盛り上げたい」と話した。

さらに高橋マネージャーは、「Windows 10搭載PCは、CPUやGPUが高速化されておりメモリやストレージも大容量なので、4K品質の映像処理が容易になった。また、Dolbyマルチチャンネルサラウンド対応で没入感の高いゲーム体験を得られる」と説明した。

PCゲームだけではなく、家庭用ゲーム機、「Xbox One」との相性も抜群だ。Windows 10のXboxアプリを使うとXbox One ゲームをWindows 10搭載PCでプレイ可能。ワンタッチで動画や静止画のキャプチャをとることができる「Game DVR」機能を搭載した。さらに、動画をバッファリングし、15秒から最大10分まで過去にさかのぼって録画を行う「バックグラウンドで録画」機能も備えた。

説明会では、ゲーミングPCを販売するパートナー各社も登壇し、PCゲーム市場を盛り上げるさまざまな取り組みを紹介した。コンテンツメーカーとしてコーエーテクモゲームスの鈴木亮浩氏が駆けつけ、最新作「三國志13」を紹介した。

ユーザー体験イベントでは、実際にゲームをプレイできるタッチ&トライコーナーを設置。特設ステージでは、声優やテクニカルライター、格闘ゲーマーらによるトークセッションを実施した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング