今や現代人の日常的なコミュニケーションツールとなっているLINE。手軽に連絡を取り合えるだけでなく、写真や動画など、あらゆるコンテンツを共有できる便利なアプリです。

しかし、そんな中で「LINEブロック」に悩まされている方も少なくありません。実際「既読が付かない、もしかしてブロックされてる?」「どうにか連絡を取りたいけれどブロックされている」などのケースは多いものです。

そこで、今回はLINEブロックの確認方法や解除方法、また意外にも関係性に良い影響をもたらした実例などについてご紹介します。

LINEブロックされているか確認する方法

LINEブロックは、仮に相手からブロックされても、その要旨を伝える通知やメッセージが届きません。そのため、ブロックされても気が付かないことがほとんどなのです。

しかし、LINEブロックされた場合、実はいくつか確認方法があります。それが、次の通りです。

メッセージの既読マークを確認

比較的簡単なのが「自分が送信したメッセージに既読マークがつくか」のチェックです。

LINEブロックをした側は、その瞬間からブロックした相手のメッセージを受信しません。そのため、LINEブロックした相手のメッセージを読むことがないのです。

つまり、メッセージを送信してから時間が経っても既読マークが付かない場合は、LINEブロックされている可能性が高いといえるでしょう。

スタンプをプレゼントしてみる

LINEの機能の一つに「スタンプ」があります。自分が購入する以外にも、友人や家族にプレゼントすることもできるのが特徴です。この、「スタンプのプレゼント機能」を利用することでLINEブロックの状況を確認できます。

方法はとっても簡単。スタンプショップから特定のスタンプを選び、「自分をLINEブロックしている可能性のある人」にプレゼントするだけです。仮に、LINEブロックをしている場合はスタンプをプレゼントすることができないため、ブロック状況を判断できます。

ただし、相手が既に持っているスタンプを送った場合も同様にプレゼントできないため、複数のスタンプで試してみることをおすすめします。

LINEの通話を利用してみる

LINEの通話を利用してみるのも一つの手です。

自分をLINEブロックしている可能性のある人に、LINE通話をしてみましょう。LINEブロックされていても、コール音が鳴りますが、相手には発信されていないため、どれだけかけても相手が通話に出ることがありません。

「何回通話しても出ない」「長時間鳴らしっぱなしにしているけど出ない」などの場合は、LINEブロックされている可能性が高いといえるでしょう。

タイムラインを見てみる

タイムラインを確認することで、LINEブロックされているか判断できることもあります。

実は、タイムラインはLINEブロックされると、相手の投稿が自分のタイムライン上から消えます。また、相手のプロフィールから直接投稿を確認しても、全体公開に設定されている投稿以外を見ることができません。

頻繁にタイムラインへの投稿があったにも関わらず、突然タイムラインから相手の投稿が消えている場合は、LINEブロックされているかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます