先日、久々に呼ばれた知人の結婚式。今もあの時の幸せな二人に余韻が残るアンリです。

その時に、一緒に居合わせた女性たちの会話を、ちょっぴり聞いてしまった僕。

どうやら彼女たち。若かりし頃は、結婚式となったら張り切って洋服も呼ばれるたびに新調したり、朝から美容院に行ってフルメイクにフルセットをしていたよう。

でも今回はというと、今は子どもの教育費、転職したばかりetcお財布事情が激変。洋服は着回し、ヘアもメイクも自前にしたのだそう。

なるほど!そういうニーズがあると知ったら居ても立っても居られない!

見た目は美容院の仕上がりなのに、実はとっても簡単な結構式のお呼ばれヘアアレンジ、ご紹介するよ。

髪型が『ボブ』のヘアアレンジ

1. ヘアアレンジに必要なものは、ヘアワックスとヘアクリームもしくはヘアバター、そして、細かい目の櫛。

それからダックカールなど、髪の毛を軽く留めておけるものと、アメピン2本を用意しておきます。


髪の毛全体を、手櫛で軽く整えたら、ヘアワックスとヘアクリームを手のひらの上で適量混ぜたものを、髪の毛先全体につけます。


2. 後頭部の髪の毛とサイドの髪の毛を分け取って、後頭部側の髪の毛をダックカールで留めます。

サイドの毛束に手櫛を入れて、そのまま、下から内回転にねじります。


3. 毛先付近を、ピンで耳後ろに固定して、ダックカールで留めておいた後頭部の髪の毛を下ろして整えたら完成です。

ただ単に毛束をねじるよりも、手櫛を入れながらねじると、柔らかさを表現できるところがポイントです。

最後に、カチューシャやカチュームをつけると、とても華やかになりますので、当日着る服とのバランスを考えて選んでみてはいかがでしょう?

 

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます