『凶悪』監督と綾野剛がタッグ

2015.12.4 11:16配信
綾野剛、白石和彌監督

『凶悪』の白石和彌監督と、綾野剛がタッグを組む『日本で一番悪い奴ら』が来年6月に公開されることが決定した。本作は“日本警察史上最大の不祥事”と評された実在の事件を基に描く衝撃作だ。

その他の情報

本作の基になったのは、2002年に北海道で実際に起こった“稲葉事件”で、北海道警察に勤務する生活安全特別捜査隊班長の稲葉圭昭警部が覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決を受けた。公判では、単なる犯罪ではなく、警察による“やらせ捜査”や“銃刀法違反偽証”などの不祥事が発覚し、日本中に衝撃を与えた。

映画は、稲葉圭昭の著書『恥さらし』を原作に描くもので、綾野が“黒い警部”の異名をもつ男を演じる。綾野は映画・ドラマ出演作が続き、多忙を極めているが、脚本を読み「何を犠牲にしても出演するべき作品」と出演を快諾。「白石和彌監督との出会い、撮影現場、過ごした時間は、私の役者人生に無二の影響を与えて頂きました。この作品は、私が来年出演する映画でも、もっとも衝撃で愚かで愛おしい、何物にも変えがたい問答無用の最狂最愛物語です。皆様、どうか、一人の男の人生を目撃ください」と語っている。

また、「この映画を撮らずに、次のステージには進めない」と『凶悪』の製作陣と再び新作に着手した白石監督は「綾野剛という稀代の映画俳優と共に粉骨砕身して取り組みました。一人の人間の半生を描くことが、これほどまでに困難で苦しく、そして極上の輝きを持つものかと驚嘆しています。それもこれも全ては綾野剛! 苦く哀しく、どうしようもなく楽しい極上のエンターテインメントになっています。楽しみにお待ち下さい」と意気込みを語っている。

映画『凶悪』は実話を基に、そこで生きる人々の生々しい欲望や悲しみを容赦なく描き出し、高い評価を集めており、多くの映画ファンが『日本で一番悪い奴ら』に高い期待を寄せることになるだろう。本作の撮影はすでに終了しており、来年2月に完成。6月に全国で公開される。

『日本で一番悪い奴ら』
2016年6月25日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング