東京コミコン、2016年に幕張で初開催!

2015.12.4 15:4配信
「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」キックオフ会見

テクノロジーとエンターテインメントを融合させた、アメリカン・スタイルの大型ファンイベント「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」のキックオフ会見が12月4日に、都内で行われ、イベントの生みの親であるスティーブ・ウォズニアック氏をはじめ、『スター・ウォーズ』シリーズで、パルパティーン皇帝/ダース・シディアスを演じたイアン・マクダーミド、ダース・モール役のレイ・パークが出席した。

映画、TV、ゲーム、最新テクノロジーといったポップカルチャーを軸に、新たなビジネスの創造を目指す「Tokyo Comic Con(東京コミコン)2016」。2016年12月3日~4日、千葉・幕張メッセで開催され、期間中は世界的に活躍するセレブリティを数多く招致し、サイン会、撮影会、トークイベント、コレクターズアイテムの販売、最新テクノロジーの展示など多岐にわたるコンテンツが一同に会する予定だ。

アップル共同創業者にして、“Apple I”を生んだことでも知られるウォズニアック氏は、「携帯電話、ロボット・アシスト、自動運転車といったテクノロジーは、今や世界の人々によって喜びをもたらすポップカルチャーになっている。日本は人を感激させるテクノロジー、オリジナリティに富んだ創造性、そして人として最も重要な優しさを持ち合わせている国。そこでセレブリティとファンが直接交流できる機会を作るコミコンを開催できることに、とても興奮している」と成功への意気込みと自信を語った。

また、 マクダーミドは「以前、ロンドンで蜷川幸雄さんの舞台を見て、役者たちの発声法が強く印象に残った。ダース・シディアスの役作りにも影響を与えてくれたよ」、パークは「ダース・モールを演じる上で、日本の忍者アクションを参考にしたんだ」とともに日本文化からの影響に言及し、日本でのコミコン開催に、歓喜していた。会見には、かつてジョージ・ルーカスからオビ=ワン・ケノービ役をオファーされた経験をもつ故・三船敏郎さんの娘でタレントの三船美佳、女性コスプレイヤーの御伽ねこむが駆けつけた。

Tokyo Comic Con(東京コミコン)
2016年12月3日~4日、千葉・幕張メッセで開催

いま人気の動画

     

人気記事ランキング