「本当はすごく女性に言いたい!」男が言いづらい6つのホンネ

2015.12.6 6:30

女性が男性に本音を言えない場面があるように、男性側だってそういう時はあります。では、どんなことを言いづらいと感じているのでしょうか? 気になるホンネをリサーチしました!

女性が男性に本音を言えない場面があるように、男性側だってそういう時はあります。

では、どんなことを言いづらいと感じているのでしょうか?
リサーチしてみました!

デートは割勘にしてほしい

よっぽど稼いでいる人は別ですよ。しかし、実は大半の男性達はこう思っています。

「毎回毎回払うそぶりも見せないと、たまには出せよって思う(IT企業 33歳)」
「彼女の行きたいところがいつも高級なので正直身が持ちません……(広告代理店 35歳)」

うむむ。どうですか? あなたは恋人に無理させていませんか?

もし、少し無理をさせていると感じるならば、「今日は私が奢るね」と言ってみたり、「たまにはうちで料理作るよ」と言ってあげたら喜ばれるでしょう。

デートの際の食事はがっつり系が食べたい

たまには丼物を掻っ込みたい日が男性にはあるようですよ。

しかし、女性はカロリーを気にしますからね。あとは、そういう男らしい食べ物を食べているところを見られるのが恥ずかしという女性も少なくないのでは?

ほら、一人ラーメン、一人牛丼、女性で出来る人なんてほとんどいないように(笑)

「今日何食べる? 」の質問に、「牛丼! 」「ラーメンと餃子! 」など、本当は言いたいのに言えない男性達の気持ちを先読みして、「今日は牛丼食べたいな」などと可愛く言ってみて下さい。きっと喜んでもらえるはず。

あんまり連泊しないで欲しい

女性は好きな人とはいつも一緒にいたいと思うケースが多いことから、男性の家に行ったらずっとそこにいたいと感じます。

しかし、男性達は逆で、自分一人の時間が欲しいと考えます。ですから本当は、お互いの気持ちは一致していないということ。特に男性側から連泊の要望がなければ、空気を読んで連泊しない事をお勧めします。

ただ……。
このケース、男性達が他の女性とも連絡を取りたい、遊びたいと思っている事が多いのでご注意を。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント