1年の締めくくりに幸せを届ける『スクルージ』開幕

2015.12.4 18:55配信
会見より。市村正親 会見より。市村正親

12月4日、東京・赤坂ACTシアターで市村正親主演のミュージカル『スクルージ』~クリスマス・キャロル~ が開幕。その前日、通し稽古の一部が公開された。同作は、チャールズ・ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』を原作にしたクリスマスシーズンのファミリーミュージカルの決定版的作品。市村は94年にスクルージ役を務め、以後、95年、97年、99年と再演。13年に新演出版として市村主演で上演し、今作は6度目の主演となる。

ミュージカル『スクルージ』チケット情報

ストーリーは19世紀半ば、クリスマス・イブのロンドンが舞台。街中に讃美歌が流れ、賑わいをみせる中、スクルージ(市村)の事務所はそんなムードとは関係ない様子。彼は徹底したケチで思いやりのない老人だった。しかし、スクルージが自宅へ帰ると7年前に死んだはずの共同経営者マーレイの亡霊が現れ「今夜3人のクリスマスの精霊(過去、現在、未来の精霊)が訪れるが、3番目の未来の精霊こそお前の唯一の救いとなろう」と言って姿を消した。夢に違いないと彼は思ったが……。

今回、公開されたのは舞台終盤。ファンタジックな舞台セットに衣装、心温まるストーリーの中に散りばめられた歌とダンス、生き生きと演じる市村をはじめとしたキャストの姿に、舞台上から幸せが溢れてくるようだった。また、キャスト全員が歌う「Thank You Very Much」のヒットナンバーは必見。世代を問わず、大人から子どもまでみんなで楽しめるミュージカルとなっている。

稽古後の囲み取材で市村は同作について「12月にクリスマスの話を見せられるのはとても幸せですね。子どもさんが観ても笑えるようなお芝居もあります」と笑顔。また、「夏は『ピーターパン』、12月は『スクルージ』をやりたい。初演の頃は老けづくりに無理があったけど、だんだん老けづくりに自信が持てるようになってきた。足腰が立つ間はやったほうがいいのかな、という役です」と話した。

自身の役どころについては「人生で経験したことを『スクルージ』で表現できるので、いろんなことを経験すべきだなと思います。自分の過去、現在、未来というシーンがあるんですけれども、自分自身の過去、現在、未来のことも考えながら、いろんなイマジネーションの中で役が演じられる。この役をやらせてもらっていることは僕自身、俳優として喜びです」と語った。

また、心配された右ひざの怪我と手術については「舞台には支障がない。でも術後がこの作品でよかった。おじいちゃんの役なので」と踊って見せ、現場を盛り上げた。

12月7日(月)18時、10日(木)18時、14日(月)18時公演終演後は、出演者の武田真治のSAX演奏と田代万里生の歌によるスペシャルカーテンコールも行われる。12月10日(木)は笹本玲奈も参加予定。

公演は、12月15日(火)までの東京・赤坂ACTシアターにて。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング