おにぎりの日にあわせておにぎり協会が調査

6月18日はおにぎりの日。その日に合わせ、一般社団法人おにぎり協会(本社:東京都港区、代表理事:中村祐介)は、コンビニエンスストアにおけるおにぎりの人気トレンドを調査しました。





■ 調査サマリー
・セブン‐イレブンは、前年度に続き「健康米」を使用した商品開発に注力。お米の精米方法や海苔の製法を見直し、おにぎりの根本的な美味しさを追求。
・ファミリーマートは、「スーパー大麦」シリーズを中心に、健康志向のおにぎり商品を展開。既存商品の具材や調理方法のさらなる改善にも着手。
・ミニストップは、既存商品がそのまま売上向上。おいしさと値ごろ感を得られる定番おにぎりを販売。
・ローソンは、新顔の「悪魔のおにぎり」が躍進し、2018年通年売上の第2位にランクイン。2019年は「金しゃりおにぎり」シリーズに注力。
・通年商品ベスト3として、セブン-イレブンは(1位)「手巻おにぎり リッチマヨ仕立てツナマヨネーズ」、(2位)「手巻おにぎり 熟成焼きほぐし紅しゃけ」、(3位)「手巻おにぎり 熟成仕立て紀州南高梅」。
・ファミリーマートは(1位)「手巻 シーチキンマヨネーズ」、(2位)「手巻 焼しゃけ」、(3位)「手巻 紅しゃけ」。
・ミニストップは(1位)「手巻 ツナマヨネーズ」、(2位)「手巻 紅しゃけ」、(3位)「手巻 日高昆布」。
・ローソンは(1位)「手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ」、(2位)「悪魔のおにぎり」、(3位)「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」。
・調査対象のコンビニ全社で「ツナマヨ」系おにぎりが人気No,1に。定番おにぎりの品質をさらに高めて販売する気運が高まる。


<調査概要>
調査タイトル:2019年コンビニおにぎり人気調査
調査実施:一般社団法人おにぎり協会
調査対象企業:株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、ミニストップ株式会社、株式会社ローソン(50音順)
調査地域:全国
調査期間:2018年4月~2019年3月

■ 各社とも定番おにぎりに注力! 昨年に続き、健康志向おにぎりの販売も継続
今回の調査では、各社ともに「ツナマヨ・鮭・梅・昆布」などの定番おにぎりに力を入れていることが判明しました。特に「ツナマヨ」系おにぎりは、各社とも2018年度の人気ランキングで1位を獲得しています。

「定番商品、特に品質を追求している手巻きタイプのおにぎりが伸長しました」(セブン‐イレブン)、「定番おにぎりはリピーターの多い商品ですので、よりごはんに合う味や食感などに拘って研究していきます」(ファミリーマート)、「定番商品をさらにおいしく値ごろ感で販売継続」(ミニストップ)など、価格や具材、調理法から見直し、定番おにぎりの品質をさらに高めて販売する動きが見られます。

加えて、昨年のトレンドだった健康志向おにぎりも、各社継続して取り組んでいます。

セブン⁻イレブンは健康米を使用した「もち麦おむすび」シリーズが定着し、販売が伸長。ファミリーマートは昨年度から展開していた「スーパー大麦」シリーズでは「梅ゆかり」が人気。最近は女性だけでなく、男性にも購入者層が広がったとのこと。

今後も、各社から様々な種類の健康志向おにぎりが登場してきそうです。

■ 新作おにぎりはバラエティ豊かな顔ぶれに ローソンは「悪魔のおにぎり」が躍進
2018年に発売された新作おにぎりは、セブン‐イレブンの「もち麦もっちり!焼肉ビビンバ」、ファミリーマートの「直巻 焼さば」や「スーパー大麦 梅ゆかり」、ミニストップの「鶏めし」など、バラエティ豊かな顔ぶれに。それぞれ味や種類はほとんど被っておらず、各社とも独自性を持った新商品を展開している様子が伺えます。

左:「もち麦もっちり!焼肉ビビンバ」セブン‐イレブン 右:「スーパー大麦 梅ゆかり」ファミリーマートより
中でも、ローソンの新商品「悪魔のおにぎり」は通年人気ランキングでも第2位を記録するなど躍進を果たしました。仰々しい名前ですが、やみつきになる悪魔的なおいしさというのが名前の由来。白出汁で炊いたご飯に天かす、あおさ、天つゆを混ぜ込んで握ったおにぎりです。2019年4月10日時点で累計販売数が2,900万個を突破し、第2フレーバーとして「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」なども発売。新たな定番おにぎりの1つとして仲間入りしそうです。

「悪魔のおにぎり」ローソンより
■ 次のトレンドは「食感」にこだわったおにぎり
ローソンは2019年の注力ポイントとして「金しゃりシリーズ」を挙げました。このシリーズは厳選した国産米を配合して作られており、粒立ちが良くふんわりとした食感が特徴となっているそうです。


「金しゃり 熟成生たらこ」ローソンより
また、ファミリーマートは定番おにぎりの「鮭はらみおむすび」に塩麹を使うことで、旨味を感じやすく、ふっくらとした食感を出すようにリニューアル。同社は2019年3月から醤油やラー油などの調味料を具とした、一味違う食感のおにぎり「めしのトモ」シリーズの販売も開始しています。

「塩麹熟成鮭はらみおむすび」ファミリーマートより
今後は定番・新商品ともに「食感」にこだわったおにぎりがトレンドになりそうです。

■ 外国人観光客にもわかりやすく! パッケージに英語表記
セブン‐イレブンとファミリーマートは2018年に、ローソンは一足先の2015年には、おにぎりのパッケージラベルに具材名などを英語でも表記するようになりました。

おにぎりは、海外でも「ONIGIRI」と呼ばれる日本の「ソウルフード」。しかし、日本語がわからない方には、おにぎりの中身がわからず選びにくいなどの問題点もあったとのこと。パッケージに英語を表記することで、外国人観光客にもおにぎりを手に取ってもらいやすくする狙いがあるようです。

今後、2020年に開催される東京オリンピックに向けて増加が予想される外国人観光客。各社の施策により、「ONIGIRI」のさらなる知名度アップが見込めるかもしれません。

■ 一般社団法人おにぎり協会について
おにぎり協会は、おにぎりを日本が誇る「ファストフード」であり「スローフード」であり「ソウルフード」であると定義し、その文化的背景も含めて国内外に普及させていくことを目的とした一般社団法人です。おにぎり協会では、今後も同様の調査を実施していくとともに、さまざまな視点からおにぎりについて情報を提供してまいります。本調査について、また今後の活動、お問い合わせなどについてはおにぎり協会公式Webサイトをご覧ください。

【概要】
名称: 一般社団法人おにぎり協会 (英文名 Onigiri Society)
http://www.onigiri.or.jp/
Webメディア:おにぎりJapan
https://www.onigiri-japan.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます