「たっしゃけ 気つけられエ運動」の推進

 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)富山支部(支部長 品川 祐一郎)は、6月22日(土)に三井アウトレットパーク北陸小矢部で交通安全イベントを開催します。


 富山県で年間を通しておこなわれる交通安全県民運動の推進項目の一つである「たっしゃけ気つけられエ運動」※の推進月間に、三井アウトレットパーク北陸小矢部におけるJAF富山支部の活動は、ご来場いただいた方を対象にJAFの交通安全講習機材を使用して、小矢部警察署協力のもと交通事故防止を呼びかけます。
 JAF富山支部では、各関係団体・企業とともに地域に密着した交通安全活動を展開しています。

※JAFご当地情報 交通安全とやま「【富山県】みんなですすめる交通安全県民運動」
URL: https://jafevent.jp/area/chubu/toyama/_new_0/1905_16_004_9.html
2018年イベント開催風景


【日 時】6月22日(土)10:00~16:00
【会 場】三井アウトレットパーク北陸小矢部屋外ステージ・店舗西口と南口の間(富山県小矢部市西中野972-1)
【参加費】無料
【内 容】
交通安全県民運動「たっしゃけ気つけられエ運動」の推進月間に、以下の内容で交通事故防止の呼びかけと小矢部警察署協力のもとパトカーの展示をおこないます。
(1)パトカー展示(小矢部警察署)
(2)シートベルトコンビンサーによる時速5kmでの衝突体験を通じてシートベルトの重要性を理解する。
(3)交通ルールのクイズ(○×問題)に答えて、運転免許証そっくりの「JAF子ども安全免許証」がもらえる。
(4)反射材体験BOXでロービーム(すれ違い用前照灯)とハイビーム(走行用前照灯)の見え方と反射材の効果を体験する。
(5)会場のJAFブースで、JAF会員証を提示で粗品プレゼント(限定200名)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます