【TDS】“手下” とは何だったのか?「日本語での会話」「異例のシングルキャスト」が空前の大人気の理由

東京ディズニーシーの2015年スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」で大きな話題となった、ディズニーヴィランズの手下。「手下」とは一体なんだったのか? 空前の大人気の理由を振り返ります。

「ウレぴあ総研 ディズニー特集」でも、“ヴィランズの手下” 関連記事は、読者の注目を大きく集めた「ウレぴあ総研 ディズニー特集」でも、“ヴィランズの手下” 関連記事は、読者の注目を大きく集めた

2015年秋、ディズニー好きの間のみならず、Twitter中心にネットでも大きな話題となった “手下”。

ただ、“手下”という言葉はよく目にしても、実際あれはなんだったのか? という方も少なくないのではないでしょうか?

“手下” とは、まず何者なのか?

“手下” とは、東京ディズニーシーのイベント「ディズニー・ハロウィーン2015」で行われたアトモスフィアショー「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」に登場したオリジナルキャラクター “ディズニーヴィランズの手下” のこと。

ディズニー映画の中の悪役であるヴィランズを主人にもった、動物などの手下が、ヴィランズの悪の力によって人間に姿を変え、ゲストを悪の世界に誘うというストーリーのもと、ショーやグリーティングが行われました。

話題となった、10時間にもなった待ち時間

話題となっていたのは、主にその過熱ぶりにより、最長10時間にもなった長すぎる待ち時間や、「地蔵」と呼ばれるじっと動かずにショーを待つ人々の数。

若い女性を中心に、多くの人が “手下” に会うために列をなし、混雑のためイベント期間中に運営方法が変更になったりもしました。

そもそもこの “手下”、いったいなぜこれほどの人気が出るに至ったのでしょうか?

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント