国立情報学研究所、Android用ライフログアプリ「人間関係向上計画」、学術研究にも貢献

2012.4.12 12:26配信
「人間関係向上計画」のスクリーンショット

大学共同利用機関法人の情報・システム研究機構国立情報学研究所は、4月8日、人間の生活を長期間にわたってデジタルデータとして記録する「ライフログ」を活用したAndroid搭載スマートフォン向けの学術研究用アプリ「人間関係向上計画」の提供を、Google Playで開始した。価格は無料。対応OSは、Android 2.0以上。

研究は、日米を中心とした国際比較研究の一部で、情報・システム研究機構新領域融合研究センター 新領域融合プロジェクト「人間・社会システム」の一環。事前に行った予備実験で、すでに1000名程度のデータを収集しており、今回の公開によって日本で2000名の利用を目指している。

社会科学研究では重要なデータだが、これまで測定が困難だった人間コミュニケーションデータを、スマートフォンを利用して収集することが目的で、通話やSMS、Gmailのやりとりのデータを収集する。収集したデータにもとづいて、人間関係をさまざまな角度から可視化することによって、人間関係向上のきっかけを提供する。

また、スマートフォン上で短いアンケートに回答すれば、研究成果のフィードバックなどの特典を利用できる。

取得した情報はすべて不可逆な暗号化処理を行うので、ユーザーやコミュニケーション相手の電話番号、メールアドレスなどを特定することはできない。また、通話内容やSMSおよびメール本文の記録は一切行わず、取得した情報は学術研究目的のみに使用する。

・「人間関係向上計画」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング