『インサイド・ヘッド』に登場する“隠れキャラ”

2015.12.9 12:43配信
『インサイド・ヘッド』

ディズニー/ピクサーのヒット作『インサイド・ヘッド』には、ブルーレイやDVDなどで繰り返し観賞すると発見できる“隠れキャラ”がたくさん潜んでいるが、MovieNEXの発売を記念して、その一部が公開になった。

“隠れキャラ”その他の画像

ピクサーのフィルムメイカーたちは遊び心をもって作品づくりに取り組んでおり、ピクサー作品定番の文字やキャラがたくさん登場する。このほど公開になった画像には、幼少期の主人公ライリーが遊んでいるシーンが描かれているが、そこには短編『ルクソーJr.』に登場した“ルクソーボール”が登場。映画の冒頭のシーンでは電線に『フォー・ザ・バーズ』の小鳥たちが見つけられるし、ライリーの頭の中にある記憶のボールには、ピクサー作品に繰り返し登場する“ピザプラネット”のトラックの姿が見える。

また、ピクサー作品の定番で最も有名な“A113”も本作の後半に登場。これはピクサー作品を手がけてきたジョン・ラセターやブラッド・バードらが通っていた学校カル・アーツ(カルフォルニア芸術大学)の教室番号にちなんだ遊びで、劇中のナンバープレートやドアの部屋番号に“A113”が登場してきた。本作にはこれら以外にも、『ファインディング・ニモ』や『カールじいさんの空飛ぶ家』にちなんだ“隠れキャラ”が登場しており、繰り返し観賞すると見つけられそうだ。

本作の舞台は11歳の少女ライリーの頭の中。そこではヨロコビ(JOY)、カナシミ(SADNESS)、イカリ(ANGER)、ムカムカ(DISGUST)、ビビリ(FEAR)が暮していて、彼女の感情を決めているが、ライリーの一家が引越しをしたのを機に様々なトラブルが発生。映画は、ライリーと感情たちの予想もつかないドラマを描く。

『インサイド・ヘッド』
MovieNEX 発売中 4000円+税
デジタルも配信中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング