日本をキャッシュレスに。AI-Creditはコード決済やクレジットカード決済のできるお店の地図がひとつのアプリで分かるサービスです。

リエールファクトリー株式会社(本社:東京都北区、代表取締役:荒井健太、以下 リエールファクトリー)は、2019年6月20日にキャッシュレスマップ「AI-Credit」をリリースしました。合わせて2019年6月版のキャッシュレスカオスマップを発表しました。


数々のコード決済サービスがリリースされ、消費者は決済サービスの選択肢が無数に現れています。コード決済サービスやクレジットカードはお店によっては利用できないこともあります。

経済産業省は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にまで押し上げると発表しています。
AI-Creditは、決済サービスでお店の検索ができるサービスです。また、どの店舗でどんな支払い方をするとお得に支払いができるかが分かります。普段から自分が利用している決済サービスの中で、どれをどのように出したら何%還元があるのか可視化します。

AI-Credit サービスURL:https://www.ai-credit.com/

AI-Credit iOSアプリURL:https://apps.apple.com/jp/app/id1264447350

(以下、画面キャプチャー)




▼2019年6月の最新キャッシュレス カオスマップ▼


カオスマップのURL:https://www.ai-credit.com/article/wp-content/uploads/2019/06/107832e30a7c923ff8c0c42857bcc7fa.png


▼「あなたの近所のお店で利用できるキャッシュレス決済サービス(クレジットカード・コード決済)の種類を把握していますか?」(2019年5月)

全て把握している 4人
だいたい把握している 101人
ほとんど把握していない 144人
全くわからない 51人

AI-Creditの独自アンケートでは、近所のお店でどんな決済を利用できるか65%の人が把握していない状況です。




AI-Credit掲載URL:https://www.ai-credit.com/article/code-201905/


▼AI-Creditの展開
今後は、決済事業者や小売店を中心に提携を進めています。
また、飲食店向けプラットフォームをリリースし、店舗ネットワークを拡大します。

・飲食店・美容店舗等の店舗経営者の問い合わせはこちら
https://goo.gl/forms/gpu1rp9OaqWxWon43

■調査期間・調査テーマ
2019年5月19日~23日「【キャッシュレスに関するアンケート】よく使う支払い方法は何ですか?」

■対象者・サンプル数:
ランサーズを利用したアンケート調査300人
男女比 男性人131人(44%)、女性169人(56%)
年齢 20代45人(15%)、30代105人(35%)、40代96人(32%)、50代45人(15%)、60代7人(2.4%)、70代2名(0.6%)

■会社概要
商号:リエールファクトリー株式会社
代表者:代表取締役 荒井健太
所在地:〒115-0045 東京都北区赤羽1-19-9
設立:2015年8月12日
事業内容:リエールファクトリーでは最適な決済を診断する「AI-Credit」を運営しています。
メディアURL:https://www.ai-credit.com/

資本金:746万円
URL:https://lier-factory.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます