パリから凱旋。BEAT TAKESHI KITANO、日本初の展覧会を開催

2012.4.12 16:45配信
BEAT TAKESHI KITANO BEAT TAKESHI KITANO

BEAT TAKESHI KITANOの国内初の展覧会『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』が4月13日(金)から東京オペラシティ アートギャラリーで開催。開催を目前に控えた11日には同会場で、内覧会と会見が行われた。

『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』開催情報

同展は2010年にパリで開催され人気を呼んだ展覧会の日本凱旋版。アクリルを使った鮮やかな絵画や巨大インスタレーション、パリ展後に制作された版画など約80点を展示する。

現代アーティストとして会見に登場したBEAT TAKESHI KITANOは、「あんまり褒められて困っちゃてる。浅草の花やしきに飾ってあるようなものなのに。6、7歳の子どもが描いたものだと思ってもらえればいい。ただひとつの願いは、楽しんでもらうことです」と挨拶。

また、内覧会に駆けつけた女優の黒谷友香は「たけしさんの頭の中に入っていく感じ。刺激を受けて思わず見入ってしまいました」と、BEAT TAKESHI KITANO作品の魅力について語った。

『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』は4月13日(金)から9月2日(日)まで、東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリーで開催。

■『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展 Fondation Cartier pour l'art contemporain』
開催期間:2012年4月13日(金)~9月2日(日)
開館時間:11時~19時 (金、土は~20時 最終入場30分前)
休館日:毎週月曜(祝日の場合は翌日、※GWは無休)、8月5日(日)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング