現在、小悪魔、モテ女子の代表格となっているのが「甘えん坊キャラ」「可愛い」「セクシー」といった印象の女性です。芸能人で例えると、石原さとみさんのような可愛らしい雰囲気の方ですね。

逆に、恋愛市場で損をしてしまいがちなのが、男性に素直に甘えられないアネゴ肌気質の女性です。ただ、男性のなかにはそんなアネゴ肌気質の女性に魅力を感じている人は少なくありません。

そこで今回の記事では、恋活中、既婚者男性から聞いた「アネゴ肌気質の女性の魅力」について4つ紹介します。しっかり者のアネゴ肌気質を上手く活かして、めちゃモテレディになりましょう。

1: ケンカをしても、ネチネチと引きずらない

アネゴ肌女子はさっぱりしている人が多いため、たとえケンカをしてもネチネチしていません。

逆に可愛い系女子に多いのが、後でネチネチと「どうしてそんなことをするの?」と言い続けるタイプ。

そもそも可愛い系女子のなかには、自分が一番カワイイタイプも少なくないため、ケンカをした時は保守的になるか、または悲劇のヒロインを演じてしまいがち。

後で女性からくどくどと文句を言われたくない、さっぱりと交際していきたいならアネゴ肌女子はオススメです。

アネゴ肌女子はどんな時に怒る?

アネゴ肌気質の女性は、その場で叱ることはあっても、長引いて愚痴を話すことは滅多にありません。

ただ、アネゴ気質の女性に多いのが、自分は正しいと思い込んでいるタイプです。

そのため、生き方や考え方を否定すると、怒る云々の前で無言でその人の前から去っていく可能性があります。

2: 弱味すらギャップ萌えになる

アネゴ肌気質の女性は、基本的に人に弱味を見せるのを極端に嫌がります。

その理由は、自分は常にしっかり者、カッコイイ女性として見られたい、または人に頼るのが苦手な性質が働くからです。

ただ、普段弱味をたやすく人に見せないからこそ、ふと弱音を吐いた時にギャップ萌えをする男性が後を絶ちません。

本当にギャップ萌えする男性はいるの?筆者の知人男性Kさんのエピソードをご紹介

筆者の知人男性に、かなりハンサムな知人男性Kさんがいます。

Kさんは基本的に可愛い系の女性を「かわいい」と素直に話す男性ですが、いざ伴侶に選ぶ女性はしっかり者のキレイ系を好みます。

なんでも、Kさん曰くしっかり者の女性がふと弱味を見せた時に「女らしさ」を感じてグッとくるのだとか。

とくにKさんが超絶イケメンでモテるからこそ、一筋縄ではいかない女性にハマるのかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます