スタローンが感謝した若き監督に迫る

2015.12.11 10:00配信
『クリード チャンプを継ぐ男』(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

シルベスター・スタローンが再び“ロッキー”を演じる新作『クリード チャンプを継ぐ男』の特別映像が公開になった。本シリーズはスタローンが自ら脚本を書き、時にはメガホンもとってきたシリーズだが、本作を生み出したのは、スタローンの息子と呼んでもいい若い世代だ。

『クリード チャンプを継ぐ男』特別映像

本作は、かつてロッキーと死闘を繰り広げたアポロ・クリードの息子アドニスが、ボクシングの世界で頂点を目指すため、ロッキーをトレーナーに迎えて奮闘する姿を描いた作品。マイケル・B・ジョーダンがアドニスを演じている。

本作の脚本と監督を務めたライアン・クーグラーは前作『フルートベール駅で』が高評価を集めた新鋭で、父親が『ロッキー』の熱烈なファンだったことから、監督はアスリートだった時代に何度も『ロッキー2』を観たという。やがて監督は確かな演出力、脚本を書く才能を開花させて、映画界に入るが、繰り返し観てきた“ロッキーの魂”は消えていなかった。

本作は意外にもスタローンではなく、クーグラー監督が創作した作品で、シリーズの生みの親スタローンは「これまでにない斬新なアイデアだ」と賞賛する。クーグラー監督は単にシリーズの“続編”をつくるのではなく、世界観や精神を継承した上で、本作から観賞しても熱狂できる新たなドラマを描いており、スタローンは「こんな物語を思いつくなんて彼にしかできない。感謝してるよ」と語る。

シリーズを愛し続けてきたファンも、本作から観るファンも魅了する本作が公開されることで、ロッキー、そしてアドニスの不屈の精神に魅了される観客がさらに増えるのではないだろうか。

なお、スタローンは本作の演技で第73回ゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネートされた。

『クリード チャンプを継ぐ男』
12月23日(祝・水) 新宿ピカデリー 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング