岡田准一「阿部さんは“鼻うがいマスター”」 高地での撮影を終え「もう一度登りたい」

2015.12.14 16:25配信
孤高の天才クライマーを演じた阿部寛

 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の完成報告会見が14日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、阿部寛、尾野真千子、平山秀幸監督が出席した。

 本作は、夢枕獏氏のベストセラー『神々の山嶺』を映画化。“エベレスト史上最大の謎”を追う野心家の山岳カメラマンを岡田、孤高の天才クライマーを阿部、そして二人に運命を翻弄(ほんろう)される女性を尾野が演じ、日本映画史上初めて、5200メートル級での撮影を敢行した。

 岡田は山岳カメラマンという役どころについて「若いころにカメラを好きになって山登りを始めたのは、この作品に出会うためだったのかなと。撮影で実際に山を登りながら、ファインダー越しに阿部さんの役作りを見ていると、どんどん阿部さんが役になっていく。火の塊のような男になっていくんです。そういう先輩の姿を見させてもらうのはすごくいい経験で、勉強をさせていただきました」とコメントした。

 岡田は、高地での撮影の感想を「苦しい中、みんなで共同生活をし、支え合いながら登った。山には気高さがあると思う。それを感じるためにも、その場所で本当の苦しさや厳しさを感じながら撮影することができたのが大きなこと」と語った。

 また「撮影の最後まで高山病にならないように、できることは最大限しよう」との思いから、岡田は阿部から“鼻うがい”を習ったというが「うまくできなくて、むせて死にそうになりました。阿部さんは“鼻うがいマスター”なので」と笑いを交えながら撮影を振り返った。

 一方、登山経験がなかった阿部は「岡田くんは本当に屈強で。(役柄上)それを超える伝説のクライマーにならなくてはならないので、頑張って涼しい顔をしていました」と明かし、「役作りなのか、山にいる2週間ぐらいの間、ストーカーのように僕をずっと撮影していてトイレにも付いてきていた。その役作りの精神はすごい。尊敬しています」と岡田をたたえた。

 年の瀬ということで「来年新たに自分の限界を超えてチャレンジしたいこと」を問われた岡田が「もう一度(エベレストに)行きたい。あの景色が忘れられない。もう少し上に、とひそかに思っています」と答えると、尾野も「5200メートルにいると山のてっぺんが見えて、ちょっとストレス。来年とは言いませんが、いつか登ってみたいですね」と同調した。

 映画は2016年3月12日から東宝系でロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング