紙に書いたアイデアをそのままデジタル化! ワコムの「Bamboo Spark」

2015.12.15 15:00配信
手書きメモをデジタル化するワコムの「Bamboo Spark」

彼氏や旦那様などバリバリ働くビジネスマン向けのプレゼントに「デジアナ文具」はいかがだろう。もちろん、自分への「ご褒美プレゼント」にもお勧めだ。デジアナ文具のなかでも紙に書いたものをそのままデジタル化するワコムの「Bamboo Spark」は高い精度で手書きの文字や図などをデジタル化できるとの評判が高い。そこで、実際に使い勝手を試してみた。

「Bamboo Spark」は、紙に書いた手書きの文字や図をデジタル化できる「スマートフォリオ」と呼ばれるアイテムだ。手書きの文字や図などのアイデアをデジタル化する最大のメリットは、保存や整理が便利で簡単に人と共有できること。仕事や学業で浮かんだアイデアをササッと紙に書き、デジタル化しておけば、持ち歩くスマートフォンに保存していつでも確認したり、PCに保存して編集したりもできる。メールに添付して送ることも可能だ。

手書きメモのデジタル化といえば、スマホやデジカメで写真を撮って画像データとして保存する方法と、スキャナーを利用する方法がある。しかし、それぞれ不便な点がある。写真に撮る場合、撮影のしかたによっては、影ができたり暗すぎてノイズだらけになったりすることも少なくない。一方、スキャンをすれば画質は抜群。だが、なんといてもスキャナーが必要だ。出先で使うのは面倒。それぞれ一長一短だ。しかし、「Bamboo Spark」はメモ帳風の本体なので持ち運びも簡単でいつでもデジタル化できてとても便利だ。

●メモをデジタル化するための決定版製品

「Bamboo Spark」は、紙にペンで書いた内容を検知し、Bluetooth経由でタブレットやスマホに転送しデジタルデータとして保存する。アナログとデジタルのハイブリッドノートともいえるだろう。無料で5GBまでのデータを保存できるクラウドストレージ「Wacom Cloud」にも対応しており、データを瞬時に、インターネット上にバックアップ可能。共有も簡単だ。

「Bamboo Spark」の外観は、ハードカバーのノートのようだ。このボディ一つにバッテリーやペンなどを内蔵する。本体を開くと、「デジタイザー」と呼ばれるセンサーがある。この上に置いた紙に、付属の「スマートペン」で文字や図を書くと、デジタイザーが筆圧を感知。その内容をデジタルで保存する。なお、A5サイズ、厚さ5mm(約50ページ)以下であれば、どんなノートでも利用できる。自分の好きな用紙が使えるのも便利な点だ。

デジタル化したデータは一旦本体に保存される。100ページまで本体に保存できるので、常にスマホやタブレットを持ち歩く必要がない。本体に保存したデータはタブレットやスマホ向けのアプリ「Bamboo Spark」を使って転送・保存をして、スマホやタブレットで閲覧したり、編集したりできる。

●再現度に驚き! デジタル化の精度は抜群

基本的な操作方法は、とても簡単。本体の電源をオンにしたら、付属の専用スマートペンを利用して、ノートにメモを書いていくだけだ。自動で中央のインジケーターが青色になり、書いている内容がデジタルで保存される。後は、普通のノートと同じように、メモをとっていけばよい。一段落しところで、中央のボタンを押すと、インジケーターが緑色に変わり、その時点までに書いた内容が1枚の画像として保存される。簡単すぎて、本当にデジタル化されているのか不安になるほどだ。

データの閲覧は、スマホやタブレットにインストールした「Bamboo Spark」アプリを利用して行う。実際に転送された結果を見れば、驚くだろう。「Bamboo Spark」に書いた内容と、まったく同じ内容がデータ化されているからだ。スマホで写真に撮ったのと変わらぬほどに手軽でありながら、まるでスキャンをしたかのように鮮明な画像を保存できるのに驚いた。筆圧も感知するので、寸分違わぬ精度でデジタル化されるといっても過言ではない。

スマホにファイルを転送すると、活用の幅が広がる。「Bamboo Spark」アプリでは、「分割」機能を搭載している。「Bamboo Spark」は、ユーザーの筆順を記録し、アプリ内で以前の状態に戻すことができるのだ。これによって、アプリ内でページを分割することが可能になるのだ。反対に書いたデータを「結合」することもできる。いったん電源を切るなどして、同じページ内でバラバラになってしまったデータを合体させることも可能だ。

●アプリと連携すれば、使い道は無限大!

さらにデジタル化したデータは、タブレット用無料アプリ「Bamboo Paper」で細かな編集が可能だ。色をぬったり、タブレット内に保存している写真を挿入したりといった編集ができる。作成したデータは、PDFとして保存することができるので、そのまま会議の配付資料などにも使える。このほか、手書き風のフォトアルバムを作成するのも楽しい。なお、「Bamboo Paper」は、タブレット専用のアプリで、iOS、Android、Windowsに対応する。

アイデアメモから資料作成まで、幅広い用途で利用できそう。連続稼働時間は約8時間だ。使う度にこまめに電源を切れば、数日間は充電なしでも利用できる。また、ラインアップとして、スマホを収納できる「ガジェットポケットつきスマートフォリオ」、タブレット収納できる9.7インチのスリーブを搭載した「タブレットスリーブつきスマートフォリオ」、iPad Air 2に特化した「iPad Air 2専用スマートフォリオ」の3種類を用意している。

手書きのデータをデジタル化して、仕事や趣味に活用したい。「Bamboo Spark」は、そんな人にぴったりのアイテムだ。(フリーライター・星政明)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング