「au」スマホ最薄の「Galaxy A8」、スマホと連携可能な腕時計型デバイスも

2015.12.16 15:4配信
Galaxy A8 SCV32

KDDIと沖縄セルラーは、「au」スマートフォン史上最薄のサムソン電子製Androidスマートフォン「Galaxy A8 SCV32」と、Androidスマートフォンと連携できる腕時計型デバイス「Gear S」、「Gear S2 classic」を12月18日に発売する。

「Galaxy A8 SCV32」は厚さ約6mmの超薄型で、背面をラウンドにすることで手にフィットしやすくした5.7インチのスマートフォン。大画面ながら、狭額縁設計の採用によって横幅を抑えて持ちやすさに配慮しており、ホームボタン3度押しで画面を片側に小さく表示する「片手操作モード」も備える。

有機EL方式の「Super AMOLED」ディスプレイは、屋外や太陽の下でも見やすく、複数のアプリを同時に起動して使用できるマルチウィンドウも、大画面で快適に使える。また、メインカメラ、サブカメラどちらもF値1.9と明るいレンズを採用しているので、暗い場所でもしっかり撮れる。

5.7インチ液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、2GBのメモリ、32GBのストレージを搭載し、約1600万画素/約500万画素のカメラ、最大128GBのメディアに対応したmicroSDXCカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはAndroid 5.1。

バッテリ駆動時間は、連続通話が約1370分、連続待受が約520時間。サイズは幅77×高さ158×奥行き6mmで、重さは約153g。カラーは、ホワイト、ゴールド、ブラックの3色。

「Gear S」と「Gear S2 classic」は、円形のディスプレイを搭載し、ベゼルを回すことで操作が可能な「サークルUX」の採用によって、スクロールやアプリ選択などを画面に触れずに操作できる腕時計型デバイス。専用アプリ「Gear Manager」によって、Android 4.4以降のスマートフォンとのBluetooth経由での連携に対応する。

本体は防水・防じんで、24時間装着しておくだけでランニングやサイクリングなどのアクティビティのログを定期的に記録可能な「アクティブ トラック機能」を備える。バッテリ駆動時間は、通常モード時が2~3日、省電力モード時が最大4日間。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング