PCとキーボードを一体化した「キーボードPC」、テックウインドから

2015.12.16 15:14配信
キーボードPC WP004

テックウインドは、PCとキーボードを一体化したキーボード型デバイス「キーボードPC WP004」を2016年1月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円台の見込み。

PC本体をキーボードに搭載することで、従来のPCの設置空間が不要になり、限られたスペースでもPCの使用を可能にした。本体は表面積が広く、他の小型PCと比較して放熱性に優れているので、冷却ファンを搭載せず、静音性が求められる環境にも適する。また、タッチパッドを備えているので、別途マウスなどを接続する必要がない。なお、キーボードはフルサイズで、86キー日本語配列を採用する。

CPUにインテルAtom Z3735Fを採用し、2GBのメモリ、32GBのストレージを搭載する。インターフェイスは、USB2.0×2、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、最大64GBのメディアに対応したmicroSDXC/microSDHC/microSDカードスロット、有線LANポートなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0 LE。OSはWindows 10 Home 32ビット。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング