「“アイドルってすごい”を証明できた」 ももクロ、『幕が上がる』の演技で特別賞受賞

2015.12.16 20:4配信
特別賞を受賞したももいろクローバーZと本広克行監督

 報知新聞社制定の「第40回報知映画賞」の表彰式が16日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した佐藤浩市、主演女優賞の樹木希林、助演男優賞の本木雅弘、助演女優賞の吉田羊、新人賞の広瀬すず、藤野涼子ほかが出席した。

 表彰式では、『幕が上がる』で、本広克行監督とももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、有安杏果、佐々木彩夏、高城れに)が特別賞を受賞。40年の報知映画賞の歴史でグループの受賞は初めてとなる。

 本広監督は「まさかの受賞で驚いている。僕にとっては初めての賞。こんなに気持ちいいものなのか…。また賞を狙って、来年から頑張ります」とユーモアを交えて感謝を述べた。

 この日、ももクロの5人は華やかなドレス姿で登場。百田は「こんなに素晴らしい賞をいただきびっくりしています。普段ヒールとか履かせてもらえないので、今日は気が引き締まる思いです」と満面の笑みを浮かべた。

 さらに百田は、「何でもできるのがアイドルの特権。『アイドルってすごいでしょ』というのをこれで証明できたかな」とちゃめっ気たっぷりに喜びを語ると「あと、監督に(受賞した際は)『必ず言え』と言われていたことがあるので言います。すべて監督のおかげです!」と言い放ち、笑いを誘った。

 共演のムロツヨシも花束贈呈ゲストとして登場。「監督とは10年ぐらいのお付き合いで、監督から『俺は賞が取れない』と聞かされていた役者が僕だった。なので今日はとてもうれしい。そして演技を恥ずかしがっていたみんなが覚悟を決めて成長していく姿をとらえた監督はやはり素晴らしい」と称えていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング