全世界待望! 映画『アベンジャーズ』がついにお披露目

2012.4.13 11:1配信
映画『アベンジャーズ』に登場したスカーレット・ヨハンソンと、日本語版キャストを務める米倉涼子

ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L.ジャクソンら豪華キャストが共演する今夏公開のアクション超大作『アベンジャーズ』のワールドプレミアが現地時間11日にハリウッドのエル・キャピタンとチャイニーズ・シアターで行われ、全世界のファンが待ち望む“究極のチーム”の全貌が初披露された。

その他の写真

『アベンジャーズ』は、天才発明家のトニー・スターク=アイアンマンや、怒りによって巨人に姿を変える科学者ブルース・バナー=ハルク、神々の国を追われたソー、謎の女スパイであるブラック・ウィドウら最強の力を持つ者たちが、はからずもひとつのチームに集められ、自らの過去や苦悩と向きあいながら、地球に迫る脅威と壮絶な戦いを繰り広げる姿を描いたアクション超大作。

製作発表から大きな注目を集めてきた大作映画だけに、会場には約300メートルものレッドカーペットが設置され、全世界の報道陣と、3000人ものファンが集結。ダウニーJr.らキャストが顔を見せると周囲から大きな拍手と歓声が起こった。トニー・スターク役のダウニーJr.は「長年この映画を企画していて、今夜ようやく実現した。多くの方が素晴らしいエンターテイメントだと言ってくれている。他のアイアンマンや他作品とはまったく違う。とても面白いと思う」と作品の完成度に自身を見せ、ソー役のクリス・へムズワースは「登場人物がたくさんいるから、スケジュールを組むのが本当に大変だったんじゃないかな」と、主役級のキャストがズラリ顔を揃える本作のスケールの大きさを強調しつつ「多くのキャストと共演できて本当に楽しかった」と撮影を振り返った。

また、ブラック・ウィドウ役のヨハンソンは、本作の日本語版で同役の声を演じる米倉涼子と対面し「ブラック・ウィドウはあまり感情を出さないんです。演じるには同じトーンの中に彼女の強い信念を表現する必要があると思うわ」とアドバイス。米倉は「今まで吹き替えをやったことがなかったのですが、ブラック・ウィドウというかっこいい役でとてもうれしいです。彼女は、クールでとても素敵ですね。特にアクションシーンに惹かれました」とコメントした。

本作は、アメリカだけでなく世界各国の興行記録を塗り替えるほどのヒットが予想されているだけに、このプレミアを皮切りに本作が世界を席捲していく知らせが届くことになりそうだ。

『アベンジャーズ』
8月17日(金) 3D/2Dロードショー
TM & (C) 2012 Marvel & Subs.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング