チヤホヤされるには「ぶりっ子」になるべき? 男を振り向かせる“あざとテク”の真相

男をかっさらっていくイメージのため、女性にとっては苦々しい存在の「ぶりっ子」。しかし、チヤホヤされるのには最短で一番カンタンなテクなのです。でも男性は気づいてるの? 本当のところどう思っているの? 今回はこの“あざとテク”の真相に迫ります。

gahag-0000184741-1

ぶりっ子とは、男にモテるため、または落とすために演技をするしたたかな女性のこと。また、狙った男を落としたり、チヤホヤされるためのあざといテクのひとつです。

しかし女ウケは最悪のため、実行に移す女性は少なそう。でもひとつの集団に一人は存在するようですから、嫌われるリスクは無問題のおいしいポジションなのでしょうね。

では、詳しく見ていきましょう。

ぶりっ子の種類

かわいこぶる

裏声を出したり、上目遣いや目をぱちぱちさせたり、首をかしげるなどの、わざとらしいしぐさをする。

純情ぶる

性的な話題のときに、知らないふりをして清純な女性を演じる。本当は相当遊んでいるはずなのにおくびにも出さない。
ときには、女性だけの前でガラリと変わり赤裸々な体験を語ったりします。

気がつく女ぶる

サラダや料理の取り分けを進んでおこない、お酒の追加をするために男性のグラスに気を配る。男性たちに「いい奥さんになるよ」と言われたいし、奥さん候補リストに入れられたい。

媚びを売る

ちょっとした力仕事をやってもらったときや、男性が成功したときに「すごーい。さすがー」とお世辞を何度も繰り返し言う。

生まれつき

こちらは番外。女性の前でもブレない場合、良家の子女など持って生まれた資質。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント