写真:VCG
6月2日(日曜日)に、中国東部の浙江省杭州では、100人以上の子供たちが広場に広がっている大きなキャンバスに絵を描いています。2022年9月10~25日に杭州で開催される第19回アジア競技大会のために理想的だと思われるマスコットを描く世界的な競争が始まりました。

2022年アジア競技大会のためのマスコットデザインのアイデアは、世界中のデザイナーからなる第19回アジア競技大会の杭州2022組織委員会(HAGOC)によって歓迎されています。
HAGOCによれば、マスコットは、大規模なスポーツイベントの風景やブランドイメージの重要な部分として、最も活気のある視覚的シンボルを伝えます。
受賞デザインは、「夢、革新、喜び、及び忍耐力」を示し、アジア大会の開催都市としての杭州の歴史、人文主義、革新性、進歩性を反映すべきです。
杭州2022アジア大会のマスコットに対して、オリンピックの精神と中国の文化的価値観の完璧な組み合わせが求められています。
世界中の新進デザイナーが、文化的背景が異なる人々の普遍的な認め及び愛を勝ち取るために、アジアと人間の運命のコミュニティーを築きたいという願いを実証しなければなりません。
マスコットデザインコレクション段階は、7月15日までに3ヶ月間続きます。以下の審査段階を経た後、受賞結果は、2019年末までに発表される予定です。
最終的な受賞デザインプランには120,000人民元のボーナスが授与されます。関連デザインコンペティションやコレクションの詳細については、第19回アジア大会杭州2022組織委員会の公式ウェブサイト:http://www.hangzhou2022.cn/2022yyhEn/をご覧ください。

杭州の演出
写真:第19回アジア大会杭州2022組織委員会
第19回アジア大会杭州2022組織委員会の公式ウェブサイトによると、中国では、北京と広州に次いで三度目の杭州アジア大会の開催となります。
アジア大会は都市開発に影響を与えるので、杭州は、この機会を最大限に利用して、杭州市のイメージを完全に表示し、総合的な都市交通インフラの建設を強化し、市民の生活の質を高め、そして「グリーン、スマート、エコノミカル、エシカル」の概念をもってアジア大会のための準備作業を進めます。
アジア競技大会の準備作業には、質の高い開発の促進が含まれます。
OCの担当者は、2022年までに450キロメートル以上の地下鉄路線が市内全域に開通し、そして、5G通信と無人運転が大会全体で使用されることを確認し、それは、グリーンとスマートの概念を完全に反映しています。
杭州は、その美しい風景のために「地球上の楽園」として知られており、その一方で先進技術と先進的なデジタル経済により革新的でダイナミックな都市となっています。AlibabaやNetEaseなど、多くのハイテクインターネット企業が杭州で設立されて成長しました。
杭州市は、2016年G20杭州サミット、第14回FINA世界水泳選手権(25M)2018、およびその他の主要な会議や大会を開催しました。


2022年第19回アジア大会組織委員会
ジョ ショウガワ
電話:+86-571-85259527
Email: xuxc@hangzhou2022.cn
ホームページ:www.hangzhou2022.cn

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
このページが気に入ったら、フォローしてね!!