セコムトラストシステムズとの協業により「セコム画像クラウドサービス」提供開始

セーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)のクラウド録画プラットフォーム「Safie(セーフィー)」(以下「セーフィー」)が、セコム株式会社(以下「セコム」)が提供するクラウドカメラサービス「セコム画像クラウドサービス」に採用されました。これにあわせ、セーフィーとセコムトラストシステムズ株式会社(以下「セコムトラストシステムズ」)との協業を開始し、本日6月25日(火)から、セコムグループにより「セコム画像クラウドサービス」の販売が開始されます。




■セーフィー採用の背景とクラウド録画カメラの需要について
これまでセコムではアナログカメラやネットワークカメラの提供を行なっておりましたが、昨今、お客様からのクラウド録画カメラのニーズが増加傾向にあることから、新たに本サービスの提供を開始することになりました。
「セーフィー」は、2017年にクラウド録画カメラのシェアNo.1(※1)を獲得するなど、クラウド録画カメラの市場を牽引している実績があり、そうした点をご評価いただき、本サービスへの採用決定となりました。

※1 テクノ・システム・リサーチ社調べ「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」

■セコム ご担当者様コメント
弊社は、画像と通信を警備にいち早く活用し、ハイグレードなサービスとして提供してまいりました。監視カメラにおいても、厳格なセキュリティを誇るデータセンターを活用した画像アーカイブサービスを手掛けてまいりました。
昨今では、様々な分野において従来の監視カメラとは異なる目的での画像利活用の需要が増えてきました。
この度、弊社のお客様や新規顧客へ、お求めやすい価格帯での画像クラウドサービスを販売し、新たな価値提供の機会になればと思っています。
また、周辺サービスなどとの連携を進め、さらに人手不足、業務効率化などの社会課題に対応できるサービス開発を進めていきたいと考えています。


■「Safie(セーフィー)」の主な特徴


防犯カメラのイメージを変える滑らかな映像、HD画質
30fpsでテレビ放送並の映像品質でクラウドに映像を保管
いつでもどこでもライブも録画も、アプリでかんたんカメラ管理・映像視聴
クラウド録画なので、録画機やサーバーなどのスペース不要で複雑な設定なし
ニーズに応じて自由に選べる録画可能プラン
動体検知や音声検知、通信の切断検知機能で安全安心を提供
シェア機能や、映像のクリッピング機能が充実
クラウド映像プラットフォームなので、他事業者・他サービスとのAPI連携が容易
オンラインバンキング並みのセキュリティでハッキングの危険がなく安全・安心


【セーフィー株式会社の会社概要】
所 在 地 東京都品川区西五反田 2-29-5 日幸五反田ビル6F
設  立 2014年10月
資 本 金 1億円
代 表 者 佐渡島 隆平
事業内容 クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie(セーフィー)』の運営

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます