「かわいくてしょうがない!」松坂桃李“パディントン”にデレデレ

2015.12.17 20:55配信
(左から)パディントン、松坂桃李、三戸なつめ

映画『パディントン』の日本語吹替版完成披露試写会が12月17日に都内で開催され、日本語版ボイスキャストの松坂桃李、三戸なつめ、そしてパディントンが登壇し、観客にひと足早いクリスマスプレゼントを配った。

英国の児童文学を『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーが実写映画化。森からロンドンへとやって来て、人間と共に暮らすことになった紳士的なクマのパディントンが巻き起こす騒動を描き出す。

松坂は過去に声優経験はあるものの、洋画の吹替は初挑戦。しかもクマの役ということで「僕ですか?と何度も確認しました(笑)」と明かすが「ビックリしたけど、映像を見るとかわいくてしょうがない!アフレコせずにずっと見ていたいくらいかわいい」と満面の笑みを浮かべる。

三戸は正真正銘、声優初挑戦だが「小さいころからパディントンが大好き!母親がパディントンのトートバッグを持ってて、一緒に使ってました。携われてすごく幸せでした」と嬉しそうに明かす。もしも、映画のように駅でパディントンに会ったら?という質問には「はじめはビックリするでしょうけど『連れて帰ってくれませんか?』と言われたら喜んで連れて帰ります」と語り、松坂も「ドジをしても魅力的で許しちゃいます」とデレデレだった。

さらにパディントンとのクリスマスデートのプランを考えてもらうと、松坂は「大きなショッピングモールに連れて行く」とまずはお買い物。さらに「遊園地で絶叫マシーンに乗せてやりたいし、お化け屋敷でどういうリアクションをするのか?」と思案。三戸は松坂とは正反対に「まったりと自分ちでデート!一緒にケーキを作ったり、鍋を囲みたい」と語る。マーマレードが大好きなパディントンでは「全部マーマレード味になりそう(笑)」と松坂が指摘すると「マーマレード鍋…?挑戦してみたい!」とチャレンジ精神を見せ会場は笑いに包まれた。

『パディントン』
2016年1月15日(金) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング