“遊び足りない男性”が「結婚」を意識し始める3つの瞬間

2016.1.4 6:30

彼女がいるとしても、結婚はまだ考えられないという男性は決して少なくないようです。「まだまだ遊んでいたい!」という男性が、結婚を意識するのは果たしてどんな時でしょうか?

年齢が若いと、「まだまだ遊んでいたい」と考える男性は多いもの。
例え付き合っている彼女がいたとしても、彼女との結婚はまだ考えられないという男性も決して少なくないようです。

でも、女性としてはこういった彼を持つと、どうやって結婚の話を進めたらいいか悩んでしまいますよね。
とはいえ、そんな男性も「いつかは結婚したい」と思っている人がほとんど。

では「まだまだ遊んでいたい!」という男性が、「結婚したい!」と意識するのは果たしてどんな時でしょうか?

身近な親しい人が結婚したとき

女性が「私って本当に結婚できるのかな……」と悩みを抱えてしまうのは、年齢による焦りのほかにも、周りから「誰かいい人いないの?」「結婚の予定は……?」と催促される影響も大きいですよね。

おそらくそれは、好きな趣味に没頭していて、仲間同士でワイワイと騒ぐのが好きな男性も同じ。
例えば仲のいい友達が結婚をした、職場の同期が結婚したなど。身近な人が結婚すると、「俺もそういう歳なんだよな」と結婚に対する意識が高まるようです。

女性と違って子どもを産むといった身体的なリミットに余裕がある男性は、どうしても結婚に対する焦りが薄くなりがち。

ですので、ちょっと彼のお尻を叩くなら、彼と共通の友達が結婚秒読み段階である。ほかにも自分たちと同い年の芸能人が結婚した、といった話題をちょこまかと出してみては?

結婚に疎い彼もこうした話題をきっかけに、ふたりの結婚について本気で考え出すようになるかもしれません。

ひとりの生活が寂しくなったとき

普段は気丈に振る舞っている彼も、調子が悪い時くらいは彼女に甘えたいと思うものです。例えば仕事が上手く行かなかった時、具合が悪くて寝込んでいる時。あなたもこうしたシチュエーション時は、恋人に慰めてもらいたい、甘えたいなんて思うのでは?

いくら恋人がいるとはいえ、すぐに会えない距離にお互いが住んでいる。相手の仕事が忙しいからなかなか会えない……といった状況が続くと、恋人がいるからこそひとりの生活が寂しく感じることもありますよね。

彼がもしそういった寂しさを感じていたなら、自分の気持ちを押し付けるのではなく、そんな彼の気持ちに寄り添ってあげて。

あなたの親切心と愛情を感じて、彼は「彼女となら……」と結婚に対して前向きになるかもしれませんよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント