KNT-CTホールディングス株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:米田 昭正)とNEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役社長:酒井 和広)は、令和元年6月26日(水)、「災害時における社員等の宿泊施設確保等の協力に関する協定」を締結しました。 本取り組みはNEXCO3社で初であり、3年間の試行として運用を行ってまいります。


1.本協定の目的
平成30年7月豪雨や台風第21号などにより甚大な被害を受けた高速道路の機能復旧を迅速に行うため、NEXCO西日本グループ一丸となり取り組むとともに、NEXCO東日本や中日本からの応援派遣をいただき、復旧活動を行いました。そのような中、昼夜問わず復旧活動を行うためにも宿泊施設の確保や現場への移動などが必要となりました。
本協定は、このような課題を踏まえ、可能とする範囲で優先的に社内等応援者の宿泊施設・公共交通機関等の情報提供と予約を行う事ができる支援体制(試行)を構築することを目的としたものです。

2.本協定の内容
地震・大雨等の自然災害等が発生しNEXCO西日本の社員等が現地に派遣される際に、必要となる宿泊施設及び移動手段等について、KNT-CTホールディングス株式会社のグループ各社がその情報提供、手配、確保等を行うものです。

3.有効期間等
令和元年6月26日から3年間

4.協定締結時の様子

(左)(株)近畿日本ツーリスト関西 代表取締役社長 三田 周作(右)西日本高速道路(株) 取締役常務執行役員 北村 弘和




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます