『母と暮せば』10日間で動員60万人突破

2015.12.21 17:4配信
山田洋次監督と吉永小百合

山田洋次監督が初めてファンタジーを手がけた『母と暮せば』のヒット御礼舞台あいさつが12月21日に、東京・新宿ピカデリーで行われ、山田監督をはじめ、吉永小百合、二宮和也が出席。配給の松竹によると、封切り10日間で興収7億円、動員60万人を突破しており、本作の感動がじんわりと広がっている。

その他の写真

満員の客席を前に、吉永は「皆さんの思いが、こちらに伝わってまいります」と感謝の意。息子を演じる二宮も「いろいろと考えさせる映画ですが、何より家族のお話。次はぜひご家族一緒に見ていただき、追体験してもらえれば」とファンにアピールした。ふたりの“親子ぶり”も話題を集めており、「会ったその日から私の息子。今日でお別れなんだとしみじみ感じております」(吉永)、「身に余る光栄。お会いする機会少なくなるのは、さみしい」(二宮)と別れを惜しんだ。

1948年8月9日、長崎で助産婦として暮らす伸子(吉永)の目の前に、3年前の原爆投下で亡くなった息子の浩二(二宮)がひょっこり姿を現すという、山田監督が初めてファンタジーを手がけた本作。終戦70年を迎える今年、山田監督が故・井上ひさしの広島を舞台にした『父と暮せば』と対になる作品として映画化した。

舞台あいさつには、ラグビーの五郎丸歩選手からのビデオメッセージが到着。ラグビーファンで知られる吉永は毎年、母校である母校・早稲田大学のラグビー部に“牛1頭”を差し入れしており、同じ早稲田の五郎丸選手とも親交があるという。「吉永さんは日本の母であり、ラグビーの母。今後も応援をよろしくお願いします」と五郎丸選手が語ると、吉永は「こんな人気者になっても、チャラチャラしないで自分をしっかり持っているのがうれしい」と笑顔を見せた。

『母と暮せば』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング