赤井英和、長男の英五郎選手を紹介 関根勤、孫を抱き、あらためて妻に感謝

2015.12.22 20:45配信
(左から)赤井英和、高田延彦氏、関根勤、スタスタローン

 映画『クリード チャンプを継ぐ男』の公開前夜祭イベントが22日、東京都内で行われ、“ロッキー”にまつわるゲストとして関根勤、高田延彦、赤井英和、スタスタローンほかが出席した。

 『ロッキー』シリーズ誕生から約40年、本作はかつて死闘を繰り広げた亡き親友アポロの息子をチャンピオンにするべくロッキーが再び立ち上がるさまを描く。

 高田は「ロッキーの映画からどれだけの生きる力をもらったか。人生においても多くのエネルギーをもらった、私のヒーローです」と熱い思いを語った。

 プロボクサーとしての現役時代、“浪速のロッキー”と呼ばれた赤井は「長男の英五郎は留学してずっとスポーツをしていて、20歳を前にボクシングがしたいと言ってきた。(共演は)あまりないので緊張しますね」と、先日の「全日本アマチュアボクシング選手権」でベスト8入りした英五郎選手を紹介した。

 関根らがプロ入りを期待する中、英五郎選手は「まだ始めたばかりなので。世代は違うけど、『ロッキー』シリーズが好きです。いい映画や音楽は年を取らない」と語り、初々しい笑みを浮かべた。

 ロッキー同様、芸能界きっての愛妻家として知られる関根は「ベストジーニストやベスト眼鏡などがありますが、“ベスト女房に感謝賞”があったら僕が一番ですね」と胸を張り、「ずっと支えられています。かなり昔、僕は気持ち悪いタレントだったんですよ。こんな気持ち悪い僕を受け入れてくれたところを第一に感謝しています」と熱弁した。

 先月15日にはまな娘の関根麻里が第1子となる長女を出産した。「孫を抱いていたら結局ルーツは妻が麻里を産んでくれたからなんです。それを思うと、僕が妻に声を掛けたことが孫の誕生につながったんだと思って…」とあらためて妻との出会いに感謝した。

 また、映画のストーリーにちなんで“二世”として芸能界入りした麻里について「麻里が入って、逆に僕は『ZIP』なんかはバーターで出ましたから、助かりました」と話して笑わせた。

 映画は12月23日から新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング