「100%無添加」料理は意外に簡単!? ド根性母ちゃんに学ぶ“手作り”の考え方

2015.12.24 16:45

“やるしかない!”と息子のために365日×15年間、無添加料理を手作りし続けた料理家・宮川順子さん。 アレルギー症状を改善させ、発達障害さえも克服したというその手料理のコツ・料理への考え方とは?

AB1013-0571

長男のアレルギーをきっかけに料理を始め、オーガニック食品による無添加手作りを実践している料理家の宮川順子さん。

“今でこそ料理家の肩書きを持つ私も、以前は料理作りが好きではありませんでした。”

そう語る宮川さんが365日×15年間、毎日無添加の手料理を続けるきっかけとなったのが、アトピー性皮膚炎を持つ息子さんの治療についての医師の言葉だったそうです。

「一つだけ(治療の)方法があります。それは、食事を通じて体質を変えることです。ただしそれには長い月日を要しますし、毎日の食事のことですから、お母さんにはとてつもない負担がかかることにはなりますが、根本治療はこれしかありません」

お店で売っている加工食品に含まれる添加物のほとんどに反応したという息子さんの体。“それしか方法がないのなら、やるしかない!”そこから始まった手作りの日々。

その後、息子さんがADHD(注意欠陥/多動性障害)である事も発覚します。

“人が生きていくうえで最も大事なことは、なんといっても食べること。その、人として一番大事なものを通じて、子どもの健康を作り、愛情も伝えていこう。そう決めたのです。”

3歳の頃から少なくとも15年間に渡って、無添加・手作り料理を作り続けた結果、息子さんのアレルギー症状は改善、同時に発達障害も克服するまでに至ったそう。

そんなド根性母ちゃん、宮川さんの無添加料理を作り続けるのコツとは?

著書『料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由』からご紹介します。

365日無添加料理、意外と簡単!?

100%添加物なしの手作り料理なんてできるの?

そんな疑問を持つ方もきっと多いことでしょう。
これが、やってみればできるものなんですよ。一般家庭の食卓に日常的に並ぶような食品なら、手作りできないものはないと言っても過言ではありません。

まず、何を作るにしても、完全に無添加の料理を作るうえで肝心なのが食材選びです。食材に農薬や化学肥料などが使用されていたとしたら、いくら調理で工夫してもまったく意味がなくなってしまいますからね。できる限り、天然の食材を選ぶことが重要なんです。野菜ならなるべく無肥料の野菜を選びたいところです。

もう一つ大事なのは調味料です。詳しいことは後ろで触れますが、調味料もお手軽価格のものにはおおかた余分なものが含まれてます。

料理をするにはいろいろ調味料をそろえなきゃと思っている方も多いようですが、いい食材を選べば調味料はごく基本的なものだけで足ります。
そろえておきたいのは、みりんと醤油と塩くらい。これらは少し値段が高くても手間暇をかけた昔作りのものを選びたいものです。あとは味噌とお酢、それに中華用に豆板醤などを買い足すくらいでいいと思います。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント