男女で異なる「女子力」の認識&効果的なアピール方法

2016.1.3 17:00

あなたが磨いている女子力の方向性は本当に合っているでしょうか? 今回は、男女で異なる女子力の認識や、磨くべき女子力についてお話しします。

彼氏ができない! と嘆く前に、あなたの女子力はどれくらい高めですか? というかそもそも女子力の方向性、それで合ってますか?

今回は女子力についてご紹介いたします!

女性が思う女子力と、男性が思う女子力の違い

以前、男友達に筆者の友人数名の名前を挙げ、「女子力が一番高そうなのは誰? 」という質問をしてみたことがあります。

返って来た答えを聞いて、女性が思う女子力が高い女性とのギャップに驚きました。そう、違うのです。では、どんなところが違うのでしょうか。

男性は家庭的でおとなしめの女性に女子力をイメージする

学校のクラスでも、女性はいくつかのグループに別れますよね。賑やかなチーム、次に賑やかなチーム、おとなしめのチーム、オタクチーム(笑)、だいたいこんなところでしょうか。

そして、男性が女子力をイメージするのはずばり「おとなしめのチーム」の女性なのです。おとなしめ=家事ができそう。というイメージは、男性であれば、日本男児のように、典型的な日本人女性の理想像のような気がします。

女性は気くばりのできる、リーダー気質の女性に女子力をイメージする

うってかわって女性は、おとなしめというよりは、どちらかというとてきぱきと動けるリーダー気質の女性に女子力をイメージします。リーダー=細部まで色んなことを気にすることができる人。

つまり繊細なんですよね。

ただ、このタイプの女性は思っていることをはっきりと言える人でもあるため、男性からは敬遠されがち。ばりばり仕事をしているタイプに多いので、「家でご飯つくってなさそう」など、女子力のイメージは低めです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント