2016年に見ておくべき映画、厳選25本!【日本映画編】

2016年、日本映画で見るべきは監督含め男たち。骨太なドラマやアクション大作も次々登場していて、男性ファンも女性ファンもつかんでいる。そんな男たちをはじめ、2016年見逃したくない、注目の日本映画を厳選してご紹介します。

『さらば あぶない刑事』1月30日(土)公開 ©2016「さらば あぶない刑事」製作委員会

コミック原作や恋愛ものでもヒットが出ている日本映画だが、今、日本映画で見るべきは監督含め男たち。

骨太なドラマやアクション大作も次々登場していて、男性ファンも女性ファンもつかんでいる。2016年も男たちが熱く、男たちに熱くさせられる年となりそう!! 

あの名作も時を経て復活! 注目の続編作品

『の・ようなもの のようなもの』 1月16日(土)公開

©2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

森田芳光のデビュー作『の・ようなもの』(81)のその後を描くオリジナル作品で、35年を経ての続編となる。

森田組のスタッフ・キャストが再集結。氏の遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』(12)でも主演を務めた松山ケンイチが主人公の落語家“の・ようもの”の新米噺家・志ん田に扮し、森田作品で助監督や監督補を務めた杉山泰一がメガホンを執る。

『セーラー服と機関銃-卒業-』 3月5日(土)公開

©2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

女子高生ながらにヤクザの組長を務め、伯父の仇を機関銃で襲撃する事件を起こした星泉。組解散後は普通の女子高生として過ごしていたが、再び騒動に巻き込まれて……。

大ヒット作となった薬師丸ひろ子主演『セーラー服と機関銃』(81)のその後の物語で、赤川次郎の正式な続編を橋本環奈で映画化。監督は前田弘二。あの名台詞「カイカン」も復活する!?

『暗殺教室~卒業編~』 3月25日(金)公開

©2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT ©松井優征/集英社

松井優征の同名人気コミックの実写映画化第2弾。

名門校の落ちこぼれクラスの担任にして、生徒たちにとっては暗殺ターゲットでもあるタコ型の超生物・殺せんせーの過去、そして卒業までの顛末と地球の命運が描かれる。

殺せんせーの元の姿である最強の殺し屋・死神を二宮和也が演じ、マッドサイエンティスト・柳沢誇太郎役で成宮寛貴が初登場する。

『シン・ゴジラ』 7月29日(金)公開

©2016 TOHO CO.,LTD.

庵野秀明が脚本・総監督、樋口真嗣が監督・特技監督を務める“ゴジラ”シリーズ最新作。

今作のゴジラの体長は、ギャレス・エドワーズ監督のハリウッド版『「GODZILLAゴジラ』(14)の108メートルを上回る、シリーズ最大級の118.5メートル。そんなゴジラに、政府関係者の長谷川博己、竹野内豊、米国エージェントの石原さとみらが対峙することとなる。

『デスノート2016(仮題)』 2016年より

©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

大場つぐみ・小畑健の人気コミックを原作とした『デスノート』『デスノート the Last name』(06)の続編。

監督は金子修介から佐藤信介にバトンタッチされ、まさに前作から10年後となる2016年を舞台に物語を展開。

夜神月やLの遺伝子を受け継ぐ新たな天才たちが、人間界に同時に存在しうる6冊のデスノートをめぐって壮絶な戦いを繰り広げる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング