富士通は2016年2月1日に、ノートPC・デスクトップPC事業と携帯端末事業を分割し、新たに子会社を新規設立する。ノートPC・デスクトップPC事業は富士通クライアントコンピューティング、携帯端末事業は富士通コネクテッドテクノロジーズがそれぞれ受け継ぐ。

分社化の背景には、PCやスマートフォンなどのユビキタス製品のコモディティ化による、商品の差別化が困難になる中での、グローバルベンダーとの競争激化が挙げられる。PCや携帯端末事業を独立することで、研究・開発・設計・製造・販売・企画からアフターサービスまで一貫した体制の構築によって、経営責任の明確化と、経営判断の迅速化、徹底的な効率化を追求する。

分社化にあたっては、両社に普通株式をそれぞれ8000株発行して割り当てる。なお、富士通は、今回の会社分割による連結業績への影響は軽微であるとしている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます